氷川きよし、早くも「今年の紅白歌合戦大トリ間違いなし」の声

拡大画像を見る

「今年12月31日をもって歌手活動を一時休止」と所属事務所の公式サイトで1月21日に発表した氷川きよし。2000年2月2月にシングル「箱根八里の半次郎」でデビューして以来22年間、「演歌の貴公子」として歌い続けてきたが、事務所の発表によれば「自分を見つめなおし、リフレッシュする時間を作りたい」と、氷川本人の意向があったという。

 2019年「NHK紅白歌合戦」での囲み取材時に、氷川は「きーちゃんらしく。きよし君にはさよなら」と“きよしからの卒業”を宣言。その言葉通り「紅白」では2年連続して演歌ではなくアニメ「ドラゴンボール超」(フジテレビ系)の主題歌「限界突破×サバイバー」を歌唱。昨年末の「紅白」では美空ひばりの「歌は我が命」を熱唱した。

「氷川はもともとポップスやロック志向でしたから、リフレッシュ後はこれまで以上にジャンルを超えた楽曲を歌ってくれることでしょう。ネット上では早くも『今年の「紅白」大トリはきーちゃんで決定だね』という声があふれています。それと同時に『フェミニンを究めて絶対に戻ってきてほしい。そしてパワフルな歌を聞かせて』『きれいなロングヘアにパンプスで歌うkiiちゃんを待ってます』『自分らしい生き方を楽しんでください。復活の日を楽しみにしています』など、リフレッシュ後の氷川に期待する声も数多くあがっています」(女性誌記者)

 2月1日リリースのニューシングル「群青の弦」のジャケットでは、ポニーテールにしたヘアスタイルと青い着物姿の、青年剣士のような姿を披露。44歳の決断を温かい目で見守りたい。

関連リンク

  • 1/25 7:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます