日本代表戦を控える中国代表の滞在ホテルで新型コロナ陽性反応も今後の活動に変更なし

拡大画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は24日、中国代表が滞在するホテルの警備を担当する関係者1名から新型コロナウイルスの陽性反応が見られたことを発表した。

 JFAによると、当該者は1月19日、21日、23日の業務開始前に実施した検査では陰性だったものの、24日に行われた検査で陽性が判明したという。

 なお、中国代表の選手やスタッフ、その他関係者は濃厚接触者ではないことが確認されており、1月27日に行われるW杯アジア最終予選の日本代表戦に向けた中国代表の活動に変更はないとのこと。

 JFAは「今後も関係者等の安全確保と健康維持を最優先に、スポーツ庁や厚生労働省、保健所などの関係当局の方針に基づいて感染拡大防止に取り組んでまいります」との声明も併せて発表している。

関連リンク

  • 1/24 21:35
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます