【JRA】横山武史騎手が関東首位浮上 “横山姓”がベスト5内で3人を占める

拡大画像を見る

 先週の中央競馬は、横山武史騎手が土曜4勝・日曜2勝をあげ、今年の勝利数を11勝とし、関東リーディングの首位に浮上した。

 23日終了時点の関東リーディングベスト5は下記のとおり。

1位 横山武史 48戦11勝(2着7回)
2位 横山和生 53戦9勝(2着3回)
3位 吉田隼人 63戦7勝(2着8回)
4位 菅原明良 59戦7勝(2着5回)
5位 横山琉人 45戦6勝(2着0回)

 横山武史騎手・横山和生騎手の兄弟がワンツーとなったほか、5位には日曜2勝をあげた横山琉人騎手(父は横山義行・元騎手)がランクイン。1年目の昨年は9勝だったが、今年は3週間で早くも6勝をあげている。

 また、横山武史・和生両騎手の父である横山典弘騎手は、今年3勝の内で重賞を2勝。獲得賞金は1億5661万9000円で関東の首位に立っている。

※成績はJRAのみ。

関連リンク

  • 1/24 19:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます