浜崎あゆみをスマホで撮ったら、怖すぎる異変が…!? 元現場カメラマンが心霊写真を初公開

拡大画像を見る

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIMONときはる」が今明かす真実!

 先月、30・31日にかけて国立代々木競技場第一体育館で開催された浜崎あゆみのカウントダウンライブ。彼女は昨年11月4日に足首を骨折し、その2日後にはアナフィラキシーショックを起こして病院に救急搬送されていたのだが、わずかな期間を経て見事に大復活を遂げた形だ。

 強靭な精神力と体力には感服するしかないが、今や日本を代表する歌姫となった浜崎は、これまでも内耳性突発難聴(2000年)など度重なる逆境を乗り越えてきた努力家であり、もはや一部のファンの間ではどんな不運も彼女を決して打ち負かすことはできない“浜崎あゆみ最強説”さえ囁かれ始めているようだ。

 そして、元芸能カメラマンであり霊感の強い筆者は、そんな彼女の“とてつもないパワー”の真髄を、かつてこの目で目撃している。

 浜崎あゆみにまつわる秘蔵心霊エピソードを、今回初めて明かしたいと思う。

■「お守りに持っていて」

 2016年12月28日、翌日から3日連続して開催される浜崎あゆみカウントダウンライブのゲネプロ撮影をする幸運に恵まれ、助手Aを引き連れて国立代々木競技場第一体育館にいた筆者。このAは、長年にわたり浜崎あゆみの大ファンでもある。

 翌日の本番と寸分の狂いもなく進むゲネプロ。浜崎あゆみのパフォーマンス中、会場全体に彼女の肖像入りの架空の紙幣が舞い散る演出があった。終了後、カメラバッグに紙幣が入っていることに気づいたAが「(浜崎あゆみのスタッフの)Bさんに返してから帰りましょう」と言う。それもそうだとバックヤードへ移動し、Bに差し出すも「無数にあるからいいですよ」との返答。しかもそこに偶然にも浜崎あゆみ本人が通りかかり、可愛らしい声で「お守りに持ってて~」と微笑んだ。思わぬ幸運にAは「はい、ありがとうございます!」と実に嬉しそうに紙幣を持ち帰ったのだった。

 翌日の12月29日、筆者とAは客として公演初日に招待され、スタンド席の最前列で本番を見守っていた。当時、浜崎あゆみのライブは、静止画に限ってスマホ撮影OKという先進的な試みが行われており、仕事以外の個人的な写真撮影を久々に楽しんだ。

 帰り際、筆者が今日撮影した浜崎あゆみの写真をどうしても見たいとAが言う。そこでスマホを手渡すと、Aは写真を1枚1枚じっくりと確認し始め――と、次の瞬間その顔が凍りついた。

「えっ、これ、浜崎あゆみさんの脚が片足しか写っていませんよ!?」

 そんなはずはないと確認すると、確かに浜崎あゆみの右脚が不自然に消えている。一目瞭然だが、片足立ちできるような状況ではなかったことは明らかだ。片足立ちだとしたら、体勢がそもそもおかしい。それに、撮影しながら自ら確認した時は、確かにしっかりと両脚は写っていた。それが、Aが見た瞬間に、消えたのだ。

 この出来事がいったい何を意味しているのか――? 筆者も、そして筆者と同じく霊感の強いAも、まったくわからない。年末だったため、懇意にしている知人霊媒師にも連絡がつかず、その日は漠然とした不安を抱えたまま眠りに就いた。

■空港での事件、全てつながった

 さらにその翌日。筆者とAは飛行機移動で仕事に向かうため羽田空港にいた。恐怖は、まさにそこで起きた。筆者がトイレに行って戻ると、さっきまでそこにいたはずのAが、いない。周りを見回すと、下へと降りる長い階段がある場所付近にAのスーツケースがぽつんと放置されているが、Aの姿はない。

 不思議に思いながらスーツケースに近づくと、階段の下の方から「大丈夫ですか!!」と叫ぶ声が聞こえた。何事かと声の方へと目を遣って、背筋が凍りついた。なんと、うずくまるAを空港スタッフや警備員が取り囲んでいるではないか! 階段でバランスを崩して転倒し、転げ落ちていたのだ。

 急いでAのもとへと駆け寄ると、不幸中の幸いにも肩からかけていたスポーツバッグがクッション代わりになって最悪の事態は避けられたようだ。Aはショックのあまり言葉を失っていたが、震える手でスポーツバッグの外ポケットを指差した。ファスナーが半分開き、そこから“紙幣”が飛び出している。そう、ゲネプロの日に浜崎あゆみ本人から「お守りに持っていて」と言われた、あの架空の紙幣である。

 この時、Aは足首捻挫で済んだが、打ち所が悪ければ脚を骨折したり、最悪の事態も十分に考えられた。少し落ち着いてから

「浜崎さんに命を救ってもらった……」

というAの涙声を聞いた瞬間、すべてがつながった。あの写真の浜崎あゆみに起きた“異変”は、それを最初に見たAにこれから降りかかる危険を知らせるものだったのだ。しかし浜崎あゆみは、Aにお守りを渡すことで被害を軽減させてくれた。まさにファンにとって、浜崎あゆみという存在こそが未来の象徴であると同時に、あらゆる苦難を、そして時には命さえ救ってくれる女神ともいうべき尊いエネルギーに満ちた人物なのだということを確信したAと筆者であった。

  • 1/23 16:00
  • TOCANA

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • k

    1/26 12:52

    非常に出来の悪い心霊ばなしだことww

  • 脱走兵

    1/25 21:44

    この記事の最後の文章が一番恐怖だわ。

  • 観音寺六角

    1/25 20:54

    この類いの話はわりとある。虫の知らせと似たり寄ったりだが怖いな😱

記事の無断転載を禁じます