【待ってた】 タイガー魔法瓶が炭酸対応「真空断熱炭酸ボトル」を開発! 冷たい炭酸水やビールを持ち歩けるぞー!!

拡大画像を見る

ドリンクを冷たいまま持ち歩きたいときに便利な『ステンレスボトル』。

安全上の問題から、炭酸飲料を入れることは不可能でしたが……なんとこのたび「炭酸飲料を入れられるステンレスボトル」が新登場!

いつでもどこでも好きなときに、キンキンに冷やした炭酸飲料が飲めるようになりました♪

【炭酸をイメージしたカラーにもご注目】

ご紹介するのは、2022年1月21日から販売を開始する、タイガー魔法瓶による炭酸飲料対応「真空断熱炭酸ボトル MTA-T050/080/120/150(以下、真空断熱炭酸ボトル)」。

「炭酸飲料を保冷したまま持ち運びたい!」という声を受けて、国内メーカー唯一(※1月11日時点)の真空断熱炭酸ボトルを開発したといいます。

ラインナップは、炭酸をイメージした「カッパー」「エメラルド」「スチール」の3色。

「カッパー」はビールの醸造所にあるタンク、「エメラルド」は炭酸水入りの瓶からインスパイア。いっぽう「スチール」は、あらゆるシーンにマッチするようデザインされているんですって。

【安全面に気を配りました】

「真空断熱炭酸ボトル」の特長は、次の3つ!

・ガスのふきこぼれ&飛び散りを防ぎ、ボトル内の圧力を調整する「バブル ロジック」を搭載
・ボトル内部に炭酸が気化しにくい加工を施している
・飲み口部分に抗菌加工→「抗菌性」「安全性」「適切な表示」の基準を満たしたSIAA認証

この中で注目したいのは「バブル ロジック」。

タイガー魔法瓶が取り扱う従来の真空断熱ボトルは、構造上、ボトル内の圧力が上がるとキャップやフタなどの破損や破裂のおそれがあるため、炭酸飲料を入れることを推奨していませんでした。

そこで今回の新商品には、

・開栓時に炭酸ガスが抜けてふきこぼれや飛び散りを防ぐ「炭酸ガス抜き機構」
・ボトル内の圧力が異常に高まったとき炭酸ガスが自動で抜ける「安全弁」

を備えた「バブル ロジック」を採用! 炭酸飲料を、結露することなく、長時間保冷できるようになったそうなんです。

【1年中活躍してくれそう♪】

まだまだ寒い毎日が続いていますが、温かいお部屋で飲む、冷えた炭酸飲料は格別

春が来たら、お花見やピクニックにも連れていきたくなります。

炭酸水やコーラを入れるもよし、お酒好きならビールを入れるもよし……。さてあなたなら、何を入れるでしょうか!?

【用途にあわせてサイズを選んでね】

「真空断熱炭酸ボトル」は、0.5L・0.8L・1.2L・1.5Lの全4種類。お値段はオープン価格です。

発売を記念して、1月21日から3月31日23時59分までの期間は、「sodastream®スターターキット」が当たるキャンペーンも実施中。

詳細については、タイガー魔法瓶ホームページからチェックしてみてください♪

参照元:タイガー魔法瓶公式オンラインショップ、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 1/24 9:45
  • Pouch

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 温暖化でこれからの夏はどんどん暑くなるだろうし、今のうちに買っておきたいのぅ。

  • トリトン

    1/24 18:47

    良いね1リットルクラスがほしいな。goodですね。

  • いち(

    1/24 18:13

    よっしゃ運動会にビール持って行こう(´▽`)

記事の無断転載を禁じます