冨安が負傷で日本代表不参加に、中谷進之介を追加招集 W杯予選はレギュラーCB2名を欠くことに

拡大画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は23日、FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選(27日:中国代表、2月1日:サウジアラビア代表。ともに埼玉)に臨む日本代表メンバーから、アーセナル所属のDF冨安健洋が負傷のために不参加となり、名古屋グランパス所属のDF中谷進之介を招集すると発表した。

 冨安は20日に行われたカラバオ・カップ準決勝セカンドレグのリヴァプール戦で負傷から復帰し、フル出場していたがW杯予選は不参加となる。中谷は21日まで行われていた国内組のみでの日本代表合宿に参加している。

 日本代表は22日にメンバーを発表していたが、吉田麻也(サンプドリア)らは負傷のため選外に。中国、サウジアラビアの連戦は吉田、冨安のレギュラーCBをともに欠いて臨むことになった。

関連リンク

  • 1/23 17:22
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます