【AJCC結果】キングオブコージが鮮やかに追い込み久々の重賞V!横山典弘騎手は同レース7勝目

拡大画像を見る

 23日、中山競馬場で行われたアメリカジョッキークラブC(4歳上・GII・芝2200m)は、後方2番手で脚を溜めていった横山典弘騎手騎乗の3番人気キングオブコージ(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)が、直線で外から前の各馬を差し切り、2着の11番人気マイネルファンロン(牡7、美浦・手塚貴久厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分12秒7(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に4番人気ボッケリーニ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、2番人気ポタジェ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は5着、1番人気オーソクレース(牡4、美浦・久保田貴士厩舎)は6着に終わった。

 勝ったキングオブコージは、父ロードカナロア、母ファイノメナ、その父Galileoという血統。長期休養明け3戦目で巻き返し、20年の目黒記念以来となる重賞2勝目を飾った。横山典弘騎手は同レース7勝目。

<AJCCダイジェスト>

※スーパープレミアムコースでは全レースのフル映像のほか、各場毎のダイジェスト映像をご視聴いただけます

関連リンク

  • 1/23 16:38
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます