日テレ『笑点』林家三平「電撃降板」のウラ事情と新メンバー桂宮治「5人抜き真打」素顔

拡大画像を見る

 国民的お笑い番組『笑点』(日本テレビ系)の大喜利メンバー、林家三平(51)の“卒業”が波紋を呼んでいる。

「三平は、2016年5月29日に、新メンバーとして番組に初登場しました。06年に加入した、現司会者の春風亭昇太以来、10年ぶりの新メンバーでしたが、5年半後の12月26日をもって降板となりました。出演すると“終身メンバー”になる傾向が強かった近年では異例のパターンで、さまざまな臆測を呼んでいます」(夕刊紙記者)

 お笑い評論家で江戸川大学教授の西条昇氏は、こう分析する。

「『笑点』の大喜利は、林家木久扇のバカキャラ、三遊亭円楽の腹黒キャラなど、各メンバーが確立した自分のキャラを生かしながら、互いに、いじり、いじられのチームプレーで盛り上げていくことに面白さの秘密がある。途中でレギュラーに加わった落語家は、皆、独自のキャラを定着させるまで時間がかかりますが、三平さんは5年やって、自分のキャラが確立できなかった。これが降板の一番の理由ではないでしょうか」

 一見、個々のスタンドプレーで成り立っているように見える『笑点』。だが、一門の違いや先輩、後輩といった目に見えない壁がありつつも、実際は互いがあうんの呼吸で協力して番組を作り上げているという。

「番組加入当初、笑いが取れない三平に舞台裏で師匠方がアドバイスを送ることもあったそうです。ただ、三平さんも気負いがあったんでしょう、アドバイスをあまり聞かなかったとか。それで孤立してしまった面もあったようですね。こうなると、掛け合いが大事な『笑点』では、厳しいものがあります」(落語関係者)

 番組制作側にも、メンバーの入れ替えを考えざるをえない焦りがあったようだ。

「『笑点』の視聴率は、16年5月22日に昇太が6代目司会者になってから下落傾向にあります。かつては20%近くありましたが、近年は14%前後で、10%を切った回も何度かあった。その危機感が、今回の降板劇につながった点は否めないでしょう」(テレビ誌記者)

 日本テレビにも三平降板の理由について尋ねたが、期日までに回答はなかった。

■神田伯山もその才能を絶賛

 一方、注目される新メンバーは、桂宮治(45)。その名を聞いて、ピンと来る人は相当な落語通だろう。

「世間的には無名ですが、間違いなく次世代の名人候補です。もともとは食えない役者で、その時代に始めたのが化粧品販売会社のセールスマン。各地の量販店で実演販売し、全国トップクラスの成績を収めていたそうですが、落語の面白さに目覚めて方向転換。自分の結婚披露宴で退職を発表し、31歳で三代目桂伸治に弟子入りした変わり種です」(演芸誌ライター)

 だが、最初から芸は達者で、入門4年で二つ目に昇進すると、すぐにNHK新人演芸大賞(落語部門)を受賞。真打昇進前の落語家や講談師で構成された『成金』というユニット活動では、地方公演を行うほど、人気を博した。

「『成金』メンバーである、人気講談師の神田伯山は“宮治兄さんはふだんから、しゃべりがめちゃくちゃ面白い”と、早くからその才能を絶賛していました。昨年2月には、昇太以来、29年ぶりの5人抜きで真打に昇進した逸材です。本人は結婚直後の落語界入りに、文句も言わず応援してくれた奥さんに頭が上がらないようですが(笑)」(前同)

 前出の西条氏も、新メンバーの桂宮治に、こんな期待を寄せる。

「宮治さんは、『BS笑点』の若手大喜利のメンバーの一人として出演していました。そこからの昇進は、昇太さん、林家たい平さんが歩んできた道ですから、ある意味、順当な人選と言えるでしょう。実際に高座を見ても、パワフルで華があって、先輩でも遠慮しないで前に出ていける。新メンバーに宮治さんが決まって、円楽さんが“また、うるせえのが一人増えたよ”と言っていたように、すでにキャラ立ちしている。掛け合いも期待できそうで、楽しみですよ」

『笑点』に、新しい風を吹かせられるか。

関連リンク

  • 1/23 15:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • なるほど!わかりやすく書いていただきありがとうございます。芸能ネタはあまり好きじゃないけど、これは良い記事だと思います。

記事の無断転載を禁じます