石橋穂乃香、父・とんねるず石橋貴明と鈴木保奈美の再婚が人生に落とした影「一緒にいたかった」新婚男性と離婚の危機も『貴ちゃんねるず』出演も?

拡大画像を見る

 とんねるずの石橋貴明(60)の長女で女優の石橋穂乃香(32)が、1月19日放送の『突然ですが占ってもいいですか?2時間SP』(フジテレビ系)に出演。9歳のときに両親が離婚したことについて、これまで封印していた思いを明かした。

 穂乃果が歌手の田原俊彦の長女で女優・田原可南子(27)と登場すると、占術家の木下レオン(46)が「2人とも再婚の相を持ってる」と指摘。穂乃果は「新婚なのに!」と爆笑し、京都に住んでいた夫とは共通の知人を通して知り合い、それから1か月経たないくらいで貴明に報告したと明かした。

 レオンは穂乃果は8歳のときに家庭の問題がヒドくなり、9歳のときに生活環境の変化が起きていると鑑定。穂乃果は、8歳のときに両親が別居し、9歳のときに離婚。離婚の疲れを癒やすために母と一緒にハワイに行ったところ、母が「住んじゃおっか」と移住を決めたと振り返った。

 また、レオンは、穂乃果に“お父さんのことが大好き”の相があるが、8歳から高校2年の多感なときまで、“拒絶・裏切り”による傷つきの相があったと鑑定。穂乃果は両親の離婚は気にしていなかったが、貴明が1998年に女優の鈴木保奈美(55)と再婚したことはショックだったと告白。

■石橋貴明との間にはまだわだかまりが

 さらに、穂乃果は「父のことを“好きさ余って憎さ100倍”じゃないけど、そういう気持ちの時期ではありました」と明かし、「(当時は)だいぶ荒れてたと思います。“自分はいらない存在なんじゃないか”みたいな。本当に“何をしてほしかった”とかじゃなくて、“一緒にいたかった”ってのが一番大きいと思います」と語った。

 そのときの話を穂乃果は貴明にしていないと明かすと、レオンは「それが(穂乃香の)離婚の原因になる」ときっぱり。続けて、貴明に直接話し、泣いたほうがいいと勧めると、穂乃果は「絶対イヤだ~」と拒否。これにレオンは「(離婚となると)自分の子どもが苦労する。同じことをするつもりですか?」と迫った。

 そして、レオンが穂乃果の顔相を再度確認すると、20年に夫と出会った頃にできたという、左目の下のホクロに注目。「子どもとの災いやトラブルを抱えて悩むホクロです。“因縁を繰り返す”ってのが出てる。お父さんのことを解決しないと、子どもにも同じ思いをさせるよ。腹を割って話をしたらスッキリすると思う」と鑑定した。

 ようやく穂乃果が「やる!」とその気になると、レオンは「プライド高いよ。今まで逃げてきたよ」と穂乃果の性格を鑑定し、忘れられない当時の気持ちにフタをして封印していたが、それは強さではなく弱さだと指摘。穂乃果が、偶然、収録の後に貴明と会う約束があると明かすと、レオンは「今がチャンスです。絶対すぐハグ」とアドバイスした。

■話し合いはまだ行われず

 VTRをスタジオで見ていた、フォーチュンウォッチャーの水野美紀(47)は「実際に収録の後にお父さんに会ったそうなんですが、そのときは言わなかったそうで」と報告。みちょぱ(23)は「急に言えないか~」と残念そうで、水野は「難しいんだ……。言えるのかなぁ、がんばれ穂乃果ちゃん」とエールを送った。

 放送後、穂乃果のインスタグラムへの反響が大きく、「お父さんは今、独り暮らしだから、御自宅でサシで話し合われた方が良いですね! もしくは『貴ちゃんねるず』で配信して下さい(笑)オンエアを見たお父さんが、機会を作ってくれるかもしれませんねっ!」などと、穂乃果の背中を押すコメントが多かった。

 貴明のYouTube『貴ちゃんねるず』は、チャンネル登録者数が165万人に達しているものの、最近は再生回数が伸び悩んでいて、20万回にも及ばない動画もある。そのため、穂乃果がその気になるなら、ファンのリクエストの通り、『貴ちゃんねるず』で話すことも意外にあるかもしれない。

関連リンク

  • 1/23 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます