【東海S予想】近走好調の古豪が、鞍上を重賞初制覇に導くか

拡大画像を見る

 新年最初のダート重賞で、優勝馬には同じ左回りのフェブラリーステークスへの優先出走権が付与される。別定重量戦のGII競走で過去にはコパノリッキーやインティなどがこのレースを足掛かりにフェブラリーステークスを制している。見逃せない1戦だ。

 ◎グレートタイムはブラジルカップの優勝馬で、カノープスSの2着馬。すでに7歳馬となったが、母ミラクルレジェンドは牝馬ながらにレパードSに勝ち、JBCレディスクラシック連覇の活躍牝馬。その長い現役生活の途中には、脚部不安により長い休養もあるが、3歳時のユニコーンS、ジャパンダートダービーではルヴァンスレーヴやオメガパフュームと差のない競馬をしていた実力馬だ。

 中京競馬場ダート1800mは坂の途中からスタートするために激しい先行争いにはなりにくく、逃げ先行馬には有利な舞台設定。前走は軽量牝馬に足元をすくわれるような形になってしまったが、秋2戦には充実ぶりがうかがえた。岩田望来騎手の重賞初制覇に期待したい。

 〇ブルベアイリーデはリステッドレース2勝の6歳馬でシリウスS3着馬。以前は短い距離を中心に使われていたが、距離を延ばしたことが良いきっかけになってBSN賞を楽勝し、シリウスSも見せ場を作った3着。このときはハイペースの流れを積極的に追いかけ、最後の直線で1度は先頭に立とうという勢いで抜け出しを図ったが、最後は力尽きた。100mの距離短縮を味方にしたい。

 ▲サンライズホープは、そのシリウスSの優勝馬。快足リアンヴェリテをマークするような位置から、最後は力でねじ伏せた。前走のチャンピオンズカップもソダシ、インティらを相手に力でねじ伏せにいく積極策。最後は、他馬と接触するようなシーンもあって力尽きたような格好になったが、今回のメンバー相手なら十分に勝ち負けになるはず。

 △スマッシャーはユニコーンSの優勝馬。ジャパンダートダービーも4着とはいえ、勝った馬とは時計差なしの接戦だった。

 △ゲンパチルシファーはブラジルカップの2着馬。初の重賞挑戦となるが、豊富なキャリアを生かしたい。

 7歳とはいえまだ見限れない△スワーヴアラミス、中京得意な△オーヴェルニュは成績は安定しないが、軽視はできない。

関連リンク

  • 1/23 10:03
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます