酒井法子「YouTube・Twitter・インスタSNSアカウント」全消去!「トラブルか?」の心配の声に蘇る13年前の事件「この辱めを…」

拡大画像を見る

 1月22日、歌手で女優の酒井法子(50)の公式サイトや、YouTube、インスタグラムやツイッターなどのSNSアカウントが一斉に削除された。

「酒井さんは、昨年10月にインスタがフォロワー1万人を突破。YouTubeの公式チャンネルでは21本の動画を公開し、動画の総再生回数が約130万回到達するなど、近年まで積極的な運用をしていました。そんな中、一切の予告がなく削除されたので、ネット上には、“酒井さん、なにかあった?”、“心配…”など、酒井さんを心配する声と共に、さまざまな憶測が飛び交いました。

 今回の不穏なできごとで、過去に酒井さんが起こした騒動を想起する人も多いのではないでしょうか」(芸能誌記者)

 事件が起きたのは13年前。のりピーの逮捕劇に衝撃を受けた人も多いのではないだろうか。

「2009年8月、酒井さんは当時の夫・高相祐一(54)と共に覚せい剤取締法違反の罪で逮捕。その年は、小向美奈子(36)、押尾学(43)と、芸能人が相次いで覚せい剤で逮捕されたのですが、なかでも、“清純派アイドル”だった酒井さんの逮捕劇には、世間に大きな衝撃が走りました。

 特に、高相さんが覚せい剤所持容疑で現行犯逮捕された際に、酒井さんが言い放ったという“この辱めをどうしてくれるの”、という言葉は当時のワイドショーを賑わせましたね」(同)

■海外での人気は圧倒的

 事件後に再スタートを切った酒井は、日本のみならず海外にも活動の場を広げた。

「2012年に日本での芸能活動を再開し、その後は舞台を中心に役者業に注力。また、1990年ごろに歌手として台湾進出を果たしていたこともあり、事件後は、中国や台湾、香港のイベントにも招聘され、2018年には香港で単独コンサート、19年には台湾でディナーショーなどを行いました。

 2021年には、女優復帰後初となる映画作品『空蝉の森』も公開されています」(同)

 今回のSNS全削除の騒動に関しては、ある方面からの説明があった。

「酒井さんは、2021年4月に『オフィスニグンニイバ』から独立し、個人事務所『株式会社スマイル』を設立しました。今回、全アカウント削除のあとの22日に、同社を名乗るツイッターが、“酒井法子公式FCサイト及び公式SNSの接続不具合のお知らせ”、という報告も出しており、“不具合を調査中”で“復旧まで今しばらくお待ちいただけますと幸いです”というメッセージを出しています。なんらかのシステムトラブルが起きたことも考えられます。

 また、事務所から独立したことでこれまでのアカウントを継続するのが困難になった、という可能性もある。SNSが削除されたことが、これだけ騒動になるということは、酒井さんへの注目度の高さが、あらためてクローズアップされましたね」(前同)

 なにごともなければいいのだが……あらためて、本人の発信を待ちたい。

関連リンク

  • 1/23 6:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 単純にSNSなんかやらない方が良いと悟ったんじゃない!?賢いよ!

記事の無断転載を禁じます