嵐・松本潤、4年ぶり連ドラ・テレ朝『となりのチカラ』11.5%好発進も「期待外れ」評価が出るワケ!「新松潤」への挑戦も…二宮和也『カッペリーニ号』も「5%切り惨敗」で「嵐ドラマ」に漂う不穏!!

拡大画像を見る

 嵐の松本潤(38)が4年ぶりに主演を務める連続ドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)が1月20日にスタート。初回の世帯平均視聴率が11.5%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、個人視聴率6.4%と好発進となった。

 同作は、思いやりと人間愛は人一倍だが何をしても中途半端で優柔不断な男、松本演じる中越チカラがマンション住人らの悩みを解決し、強いつながりを持っていく姿を描く社会派ホームコメディ。

 チカラに対し、上戸彩(36)演じる妻の中越灯は「ご近所のことに首を突っ込まないように」と釘をさすものの、隣の部屋から叫び声が聞こえ、心配でいてもたってもいられなくなったチカラは隣家を訪ね、父親に怯えたような表情をみせるその妻と娘が気になってしまう。実は娘は虐待を受けているようで……というのが第1話のストーリーだ。

「心配性で優柔不断、ちょっとおどおどした感じ、妻の尻に敷かれる松本さんというのは今までにない新鮮なものでした『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)では不正に立ち向かうヒーローを演じましたし、嵐では演出も手掛けるなど、“自信にみなぎっている”というのが“松潤”のイメージですからね」(テレビ誌ライター)

『となりのチカラ』を見た人からは「面白かった! 見たことない松潤だった!」「こういう役の松潤新鮮だなー。凄い好き」「テンポ良いし、ちょっとダメ男の松潤が新鮮だし、上戸彩が信じられないぐらい可愛い」といったコメントが寄せられている。

 一方で「うーん。となりのチカラ。はっきり言いますが期待外れでした。面白くなかったです……潤くん、ごめんよ(泣)でも潤くん見たさに見るよ!」「松潤だから見たけど苦手だわー。鬱陶しいの嫌い。日常でも問題悩み抱えてドラマでまでああいう問題見たくないって気持ちもあり。もう見ないかな」と、不評の声も少なくない。

「ドラマの脚本を手掛ける遊川和彦氏(66)は“その人に一番向いていない役柄を”という思いで脚本を書くといいますからね。松本さんに一番向いていないのが、“中途半端で優柔不断な男”だったのではないでしょうか」(ワイドショー関係者)

■“新しい松潤”に違和感を感じてしまう?

『となりのチカラ』で“占いにハマるおばさん”道尾頼子を演じる松嶋菜々子(48)は、これまで『家政婦のミタ』(テレビ朝日系)、『魔女の条件』(TBS系)、『GTO』(フジテレビ系)と遊川氏の作品に多数出演してきた。

『となりのチカラ』出演にあたって、松嶋は「これまでも個性のある役を演じてきましたが、今までと道尾頼子との違いは、自分にない要素です。監督からのリクエストは、“自分に役を寄せるのではなく、真逆を意識してやってみてください”ということですが、それは難しく、日々試行錯誤しながら取り組んでいます」とコメントしている。

「松本さんも遊川氏とタッグを組んで新たな俳優像、“新しい松潤”にチャレンジしているんでしょうね。嵐の活動休止後は俳優を中心にやっていきたいという意向のようですし、俳優として今後、何十年も活躍していくために、“幅”を広げたいといった思いもあるのではないでしょうか。ただ、そこに“いつもの松潤じゃない”と違和感を抱いてしまったファンも少なからずいたということですよね」(前出のワイドショー関係者)

■松本潤と同じ「俳優業メイン」の二宮和也のドラマは撃沈……

 嵐のメンバーでは、二宮和也(38)主演の新春ドラマスペシャル『潜水艦カッペリーニ号の冒険』(フジテレビ系)が1月3日に放送されたものの世帯視聴率4.9%という数字に終わってしまった。

「二宮さんもグループの活動休止後は俳優業をメインにしています。しかし、そのドラマで惨敗を喫してしまった。松本さんの『となりのチカラ』は11%超えと好スタートを切ったわけですが、“期待外れ”という声も少なくない。

 まだ始まったばかりですから今後の伸びしろに期待したいですが、従来からのファンも離れてしまい、数字が落ちていく懸念もあります。これが2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』に悪い影響を与えないことを願いたいですよね」(前出のワイドショー関係者)

 国民的グループ・嵐のメンバーだからといって、いつまでも安泰というわけではないということなのか。新たな“俳優・松本潤”を生み出すべく奮闘しているであろう松本。彼にとって4年ぶりとなる連ドラ『となりのチカラ』の視聴率は上がっていくのか、それとも下がっていってしまうのか!?

関連リンク

  • 1/22 7:35
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます