石橋穂乃香、フジ『突然ですが占ってもいいですか?』での父・とんねるず石橋貴明「24年前再婚」への「絶望」激白でわかった「21年7月離婚」鈴木保奈美の「深謀遠慮」!

拡大画像を見る

 1月19日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)、女優の石橋穂乃香(32)が出演。番組でおなじみの占い師・木下レオン(46)による占いで、父であるとんねるずの石橋貴明(60)の、前妻・鈴木保奈美(55)との再婚について長年胸に秘めていた思いを吐露した。

 穂乃香の実母と石橋は1988年に結婚、翌年、穂乃香が誕生した。だが、1998年10月に2人は離婚。しかし、穂乃香にとって離婚自体よりもその後の石橋と鈴木の再婚がつらかったという。「何かしてほしいわけでなく、ただ一緒にいてほしかった」と、父である石橋に対して抱えていた切実な思いを告白した。

 それに加えて、父の石橋に新しい家庭ができたことで、「自分がいらない子になったようでつらかった」と率直な思いを述べた。

「今回の穂乃香さんのテレビ番組での告白で、改めて鈴木保奈美さんの凄さ、怖ろしさが感じられましたね。穂乃香さんの発言から分かるように、彼女はかつて鈴木さんを敵対視していたわけです。それが徐々に距離を詰め、最終的には、“味方”に引き入れたんですからね……」(ワイドショー関係者)

 1998年10月、石橋は離婚したわずか2週間後に鈴木との再婚会見を行なった。その上、当時鈴木は妊娠3か月。前妻との婚姻中から石橋と不倫関係にあったことを示唆する事態に、世間は仰天した。

 鈴木は、石橋とのその再婚会見で、記者から石橋の浮気を危惧する質問を受けた。しどろもどろの石橋の隣で、鈴木はにこやかに「私がいるから、大丈夫でしょう」と言い放ったのだった。

 1998年12月発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、石橋と鈴木の再婚をニュース速報で知ったという石橋の元妻が、怒りを告白している。

「元妻は、離婚時には鈴木さんとの関係を知らなかった。再婚のニュースは寝耳に水で、その上、娘の穂乃香さんは当時9歳。父親がいなくなった理由も薄々察することができたはずで、それだけに、『週刊女性』のインタビューでも“どうしてもっと時間をあけないのか”と語っていましたね。離婚後わずか2週間で再婚、そして鈴木さんが妊娠3か月という事実を知り、元妻は怒り心頭だったそうです。それも当然ですよね……。穂乃香さん自身も、“すごく荒れていた”と今回の『突然ですが占ってもいいですか?』で語っていましたね」(前同)

 そうまでして再婚した当の鈴木と石橋の夫婦は、2021年7月に離婚。その裏で鈴木がとっていた行動とは――。

■じわじわと外堀を埋めた「円満離婚」

 石橋との再婚以来すっぱりと芸能活動を辞めていた鈴木だったが、2011年、NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で仕事に復帰。その後も連続ドラマ『SUITS』(フジテレビ系)などの出演で改めて女優としての高評価を得て、芸能界に完全復帰を果たした。

「2020年11月発売の『女性自身』(光文社)では、2011年に鈴木さんが女優に本格復帰する際、石橋さんが“撮影が長引いても必ず自宅に帰る“”夕方には必ず連絡を入れる”という2つの条件を出したと報じられました。離婚後の今、映画や舞台など自由に活動している鈴木さんを見ると、夫である石橋さんの束縛とも取れる条件をのまなければならないのは、彼女にとってわずらわしいことだったのではと考えられますね」(前出のワイドショー関係者)

 2017年8月発売の『女性セブン』(小学館)では、鈴木の長女と穂乃香が芸能活動に関してインスタグラムのメッセージ機能を通じて相談していることが報じられた。それまで、穂乃香と鈴木の接点はほぼなかったようだが、すでに芸能活動を行なっている穂乃香を頼り、鈴木の長女のほうから芸能界について学ぶために接触したという。

「そして、鈴木さんは徐々に、石橋さんとの離婚に向けて動き出します。2020年7月、自身の母親を取締役に据え、実姉が代表を務める個人事務所を設立します。さらに同年9月に彼女の個人名義で3億円の高級マンション購入をしていたことが2021年1月14日発売の『女性セブン』で報じられます。そして、その半年後、2021年7月に離婚――。

 離婚後、『女性自身』では、1年半ほど前から鈴木さんが穂乃香さんに、石橋さんとの離婚について相談していたことが明かされています。父の再婚時は絶望感を感じ、いっさいの関係を持っていなかった穂乃香さんと後につながり、最終的にはこれからくる離婚についての相談までする関係になったということですよね。『女性自身』記事では、2人は女優としての部分でつながったとあります。

 そして、鈴木さんから離婚の話を聞いた穂乃香さんは、“本人たちが選んだことならそれでいいと思う”と、2人の離婚を反対せず容認したといいます。自身の3人の娘に加えて、穂乃香さんまで離婚を了承している――そうなれば、石橋さんは抵抗できないですよね……」(前同)

■「どこからそんな話が出てきたのか」語った5か月後に離婚

 2021年2月、鈴木は、阿川佐和子(68)と、彼女が『週刊文春』(文藝春秋)で連載している「阿川佐和子のこの人に会いたい」で対談。その際、当時一部で報じられていた石橋との“卒婚”や“離婚説”について、「どこからそんな話が出てきたのか……」と否定していた。

「しかし、そのわずか5か月後にあっさりと離婚。しかも、石橋さんのYouTube『貴ちゃんねるず』で、静止画と文章の動画という異例の形での発表でした。動画は既に削除されていますが、動画の最後には2人が笑顔のツーショット写真が映されました。ワイドショーや週刊誌泣かせの、非常に巧妙なやり方ですよね。

 離婚の2年ほど前から、離婚についての話し合いがもたれていたことも報じられており、阿川さんと対談時も、まさにその話し合いの渦中にあったということですよね」(前出のワイドショー関係者)

 2011年の『江~姫たちの戦国~』での芸能活動復帰を果たして以来、鈴木は10年かけて徐々に離婚に向けてコマを進め、2021年7月に石橋との離婚をついに実現した、という見方もできる。

 鈴木と石橋の再婚で、「自分がいらない子になったようでつらかった」と率直な思いを今回、テレビ番組で告白した穂乃香。多感な時期にそんなキツい思いをし、「かなり荒れていた」という前妻の娘も味方につけ、“円満”な離婚を実現してみせた鈴木。

 そんな彼女は今、2021年12月9日に配信が開始となった話題作、Netflix制作映画『浅草キッド』では、大泉洋(46)演じる伝説のコメディアン・深見東三郎の妻、麻里を演じるなど大活躍している。離婚をし、身軽になった今、彼女は、“女優・鈴木保奈美”のますますの進化を、心に誓っているのだろうか――。

関連リンク

  • 1/22 7:34
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます