神戸退団のフェルマーレンが現役引退…ベルギー代表のコーチ就任が決定

拡大画像を見る

 先日にヴィッセル神戸を退団したベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンが、現役引退を表明した。また、ベルギー代表のコーチに就任することも併せて発表されている。

 フェルマーレンは2019年7月から神戸でプレーし、2019シーズンには天皇杯を制してクラブ史上初のタイトル獲得に貢献した。神戸では公式戦通算57試合に出場したが、昨年12月13日に契約満了での退団が決定。母国クラブへの加入も噂されていたが、36歳でスパイクを脱ぐ決断を下した。

 フェルマーレンは自身の公式インスタグラム(thomasvermaelen)を更新し、次のようにコメントしている。

「この度、プロサッカー選手から引退することを決意しました。素晴らしいクラブの数々でプレーすることができ、大変幸運でした。私のキャリアを支えてくれた皆さん、ありがとうございました」

「ベルギー代表のアシスタントコーチになることを大変誇りに思いますし、感謝しています。私の人生における新たなステップ、新たなチャレンジになることを楽しみにしています」



 フェルマーレンは2004年にアヤックスでプロキャリアをスタートさせ、アーセナルやバルセロナ、ローマにも所属した。欧州では公式戦通算371試合に出場し、バルセロナ時代の2015年にはチャンピオンズリーグ優勝も経験した。

 ベルギー代表では2006年にデビューを飾り、85試合に出場した。FIFAワールドカップロシア2018の3位フィニッシュに貢献し、昨年夏のEURO2020でもプレーした。

関連リンク

  • 1/22 0:09
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます