ディープボンド、グレナディアガーズは選出されていたサウジCデー諸競走を辞退

拡大画像を見る

 現地時間2月26日に、サウジアラビアで行われるレッドシーターフハンデ(G3・芝3000m)に選出されていたディープボンド(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)、1351ターフスプリント(G3・芝1351m)に選出されていたグレナディアガーズ(牡4、栗東・中内田充正厩舎)は、これをそれぞれ辞退することがわかった。

 ディープボンドは、父キズナ、母ゼフィランサス、その父キングヘイローという血統。通算成績は15戦4勝。暮れの有馬記念ではエフフォーリアの2着に好走。

 グレナディアガーズは、父Frankel、母ウェイヴェルアベニュー、その父Harlingtonという血統。通算成績は9戦3勝。前走の阪神Cでは一昨年の朝日杯FS以来、1年ぶりとなる重賞2勝目を飾っていた。

関連リンク

  • 1/21 20:20
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます