オーストラリア女子代表が歴史的大勝…18得点でインドネシアを粉砕

拡大画像を見る

 AFC女子アジアカップインド2022・グループB第1節が21日に行われ、オーストラリア女子代表とインドネシア女子代表が対戦した。

 2010年以来3大会ぶりの優勝を目指すオーストラリアは、今大会の参加チームでFIFAランク最高の11位。一方のインドネシアは1989年以来13大会ぶりのアジア杯出場となり、FIFAランクは今大会参加チームで最も低い94位となっている。

 試合は9分、オーストラリアがエースのサム・カーの得点で幸先よく先制。11分にカーがリードを広げると、さらに3点を加え、26分にはカーが早くもハットトリックを達成してリードは6点となる。その後もカーの4点目など3点が加わり、前半を9-0で折り返す。

 後半開始立ち上がりの49分に10点目を奪ったオーストラリアは、54分にカーが自身5点目を記録。57分と59分にネットを揺らしたエミリー・ヴァン・エグモンドもハットトリックを達成すると、さらに5ゴールを積み重ねた。オーストラリアは18-0の大勝で白星発進となった。

 なお、“マチルダス”(オーストラリア女子代表の愛称)の史上最大勝利は、1998年10月に行われたOFC女子ネイションズカップのアメリカ領サモア戦で記録した21-0。記録更新には一歩及ばなかった。

 次戦は24日に行われ、オーストラリアはフィリピン女子代表、インドネシアはタイ女子代表と対戦する。なお、今大会はFIFA女子ワールドカップ2023の予選を兼ねているが、ニュージーランドと同大会を共催するオーストラリアはすでに出場が決定している。

【スコア】
オーストラリア女子代表 18-0 インドネシア女子代表

【得点者】
1-0 9分 サム・カー(オーストラリア)
2-0 11分 サム・カー(オーストラリア)
3-0 14分 ケイトリン・フォード(オーストラリア)
4-0 17分 メアリー・ファウラー(オーストラリア)
5-0 24分 ヘイリー・ラソ(オーストラリア)
6-0 26分 サム・カー(オーストラリア)
7-0 34分 エリー・カーペンター(オーストラリア)
8-0 36分 サム・カー(オーストラリア)
9-0 39分 エミリー・ヴァン・エグモンド(オーストラリア)
10-0 49分 エリー・カーペンター(オーストラリア)
11-0 54分 サム・カー(オーストラリア)
12-0 57分 エミリー・ヴァン・エグモンド(オーストラリア)
13-0 59分 エミリー・ヴァン・エグモンド(オーストラリア)
14-0 68分 キア・サイモン(オーストラリア)
15-0 69分 エミリー・ヴァン・エグモンド(オーストラリア)
16-0 71分 キア・シモン(オーストラリア)
17-0 79分 アイヴィ・ルイク(オーストラリア)
18-0 88分 ヘイリー・ラソ(オーストラリア)

関連リンク

  • 1/21 22:56
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます