もっと楽しい恋愛したい...【嫉妬深い女】を卒業する方法とは?

拡大画像を見る


恋愛をする上で切っても切り離せないのが、嫉妬という感情。嫉妬しているばかりだと自分も苦しいですし、時には彼を責めて喧嘩になってしまうことも...。
そんな嫉妬心をやわらげ、もっと恋愛を楽しむにはどうすればいいのでしょうか?
そこで今回は、彼へ嫉妬するのをやめる方法をご紹介します!


彼のことを信頼する

彼氏に嫉妬してしまう理由のひとつは、彼を信頼できていないから。
常に相手を疑うスタンスでいると、彼氏にもその気持ちが伝わって「俺のことを信用してくれないんだな」とガッカリさせてしまいます。
彼はほかの誰でもないあなたを選んだのです。彼女に選ばれたことに自信を持って、彼を全力で信頼しましょう。そうすることで、小さなことが気にならなくなり、彼氏に嫉妬する回数も減っていくでしょう。


ほかの女性と自分を比べない

いつもほかの女性と自分を比べる癖がついていると「あの子の方が私よりかわいい」「あの子の方が優しい」といったように、自分の悪い部分が目についてどんどん卑屈になってしまうのです。
だから嫉妬深い女を卒業するためにも、人と自分を比べるのをやめましょう。
人は人、自分は自分です。比較する癖を直せば、彼氏がほかの女性を見ていても嫉妬しなくなっていきますよ。


「いつも自分を優先してほしい」と考えない

彼氏に嫉妬するときって、たいがい「どうして私よりほかの人(こと)を優先するの!」という不満が心のどこかにありますよね。でも、長くお付き合いを続けていくなら、相手の都合に理解を示すことも必要です。
学生であれば、試験前は恋愛よりも勉強が優先になってしまうこともあるでしょう。社会人なら、仕事が忙しくて彼女に構う余裕がないときだってあります。
「彼には彼の都合があるんだ」という風に考えられるようになれば、自分が一番じゃないときがあっても、嫉妬心をコントロールできるようになっていくはずです。


ひとりの時間を楽しめるようになる

嫉妬深い女性の中には、恋愛が生活の中心になるという傾向があります。そのため、彼氏と会っていない時間もずっと彼のことを考えてしまい、悪い想像をして不安になり、どんどん嫉妬深くなる...という負のループにおちいってしまうのです。
そんなマイナスな感情に支配されないためには、自分ひとりの時間を楽しめるようになることが大切。彼氏といない時間は自分磨きをするなどして、その間は恋愛のことを考えないようにします。恋愛以外のことで自分を満たせるようになれば、嫉妬心も次第に薄らぐでしょう。


時間をかけてゆっくりと嫉妬心を克服しよう

「嫉妬するのをやめよう」と思っても、感情をコントロールするのはなかなか難しいものです。
まずはどうしてヤキモチを焼いてしまうのか、何に対して不安を感じているのかをじっくり考え、自分の心と向き合うことから始めましょう。
時間はかかるかもしれませんが、意識して行動を変えていくことで、少しずつ嫉妬することも減っていくはずですよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 1/21 22:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます