弘中綾香アナ、コロナ感染の並木万里菜アナ代打で「Mステ」3年ぶり登場 タモリ「若返った気がした」

【モデルプレス=2022/01/21】テレビ朝日の並木万里菜アナウンサーが新型コロナウイルスに感染したことを受け、21日放送の同局系音楽番組「ミュージックステーション」(よる9時~)のサブMCとして弘中綾香アナウンサーが3年ぶりに登場した。

◆弘中綾香アナ、並木万里菜アナに代わり「Mステ」進行担当

同日更新された番組公式Twitterでは、出演アーティストとともに「進行の並木万里菜アナは、担当番組である『ABEMA Morning』で先日発表した通り、新型コロナウイルス検査で陽性が確認されたため本日はお休みし、代わって弘中綾香アナが務めます」と発表。

弘中アナは、2013年10月より同番組のサブMCを担当。今回は2018年9月に並木アナへバトンタッチして以来、約3年ぶりの登場に。番組冒頭で「並木アナウンサーですが、新型コロナウイルスの検査で陽性とわかり療養中のため、本日はお休みです。代わりに私が担当させていただきます」と挨拶。

「タモリさん、よろしくお願いします。3年ぶりです」と声をかけると、タモリは「ちょっと若返った気がした」と過去に戻った様子だったが、「どうせなら下平(さやか)を呼んでほしかった(笑)。相当若返る気がする」と冗談を返して笑わせた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 1/21 21:13
  • モデルプレス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます