対策が大切!女性慣れしていない【奥手男性】の傾向って?

拡大画像を見る

あまりに女慣れしている遊び人の男性は嫌だけれど、堅物で女慣れしていない男性もどう対応していいのか分からないので、つい敬遠しがちになるものです。
本当に好きなのか、一体何を考えているのかが分からず、こちらもオロオロしていまうことも度々あるでしょう。慣れていないからと自分が女性の扱い方を教えるのもちょっとという感じになってしまうものですよね。
そこで、今回は女性慣れしていない奥手男性との傾向と対策についてお伝えします。


LINEやメールなどで連絡するのが苦手

女性慣れしていない男性はLINEやメールでマメに連絡することが苦手です。LINEやメール自体は友人同士でやり取りしているでしょうから、出来ないというわけではないのですが、女性に対してとなると一体何をいえば良いのか分からずに躊躇してしまうのです。
また、どのタイミングでLINEやメールを送れば良いのかも分かっていません。こうした男性には常に自分からLINEやメールを送り、返事しやすいように質問を送ると良いでしょう。
どう答えれば良いのか分からないような質問ではなく、なるべく相手のことを聞くような質問をしましょう。この方法でいけば奥手な男性もある程度どうすれば良いのか分かるので、無理なくLINEやメールのやり取りが出来るでしょう。
こうしたことを続けていけば、奥手な男性でも徐々にLINEやメールに慣れ、自分の方から送ろうと考えるようにもなってきます。


必要以上に相手の趣味などに踏み込まない

女性慣れしていないというと、当然交際した回数や年月が短いということを表しています。奥手男性は、普通の男性が女性との付き合いに費やす膨大な時間を自分の趣味などに使っています。
それだけ奥手男性は自分の世界観を持っているものです。そんな奥手男性の世界に自分も入りたくて、その趣味などを少しは知って持論を展開する女性がいますが、それは間違いなくご法度と言えます。
付け焼刃で分かった振りをされるのが、自分なりの世界観を持っている人には一番許せないことなのです。知ろうという姿勢や興味を持つということ自体は悪いことではありませんが、知ったかぶりは絶対にNGです。
彼の趣味などに関わりたいなら、せめて前置きとして「良く知らないけど興味あるな」「素人だけど」といった言葉を添えましょう。
彼から学ぶのであれば、彼も嫌がることはないでしょうし、そういう姿を健気で可愛いと感じることでしょう。


必要以上に見栄をはってしまう

女性慣れしていない男性は、必要以上に見栄をはってしまう場合が少なくありません。女性慣れしていないだけに、その部分を補おうと必死になるのです。また、男性は女性に頼りにされ尊敬されたいと思うもの。
行ったことがないような高級レストランへ行き、あたかも行きつけのように振舞って失敗したりと、必要以上に見栄をはってしまい残念な結果に終わってしまうこともあります。
等身大の自分でいれば良いのですが、そこはやはり男。少しでも自分を大きく見せたいのです。こういう時には、自分も何も知らない振りをしながら、「もしかしたらこうじゃない」と相手を導いてあげましょう。
出来る限り、男性が傷つかないように誘導してあげることがポイントです。かなり面倒ですが、奥手男性と上手く付き合うには仕方がないことかもしれませんね。


まとめ

今回は女性慣れしていない奥手男性との傾向と対策についてお伝えしました。女性に不慣れな男性は、草食男子が多くなっている現在、決してその数は少なくありません。
ですが、好きになるのに肉食系か草食系かということを基準にしている人はいませんので、たまたま好きになった人が草食系で奥手だったということは意外に多いことでしょう。
好きになってしまえば、その人に合った付き合い方が必要になってきます。出来る限り、好きな男性のためにフォローしてあげましょう。女性慣れしていない男性でも付き合いの中で学んで、徐々に普通の言動が出来るようになっていくでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 1/21 21:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます