トッテナムが守護神ロリスと2年の契約延長を発表! 「上達に年齢は関係ない」

拡大画像を見る

 トッテナムは21日、フランス代表GKウーゴ・ロリスとの契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。

 現在35歳のロリスは、ニース、リヨンでのプレーを経て、2012年にトッテナムに加入。守護神として10年間チームを支え続け、これまで公式戦通算395試合に出場している。また、2015年からはクラブキャプテンも務めている。

 ロリスは発表に際し、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメント。契約延長の喜びを語り、今後への意気込みを示した。

「スパーズのようなビッグクラブでプレーできることは、とても光栄なことだ。ここ数ヶ月、以前にも増してファンのサポートを感じている。だから、僕にとってこの決断は本当に簡単だったよ」

「アントニオ・コンテ監督のもとで、チームの基礎と構造をしっかりと固め、新しいプロセスを歩んでいると思う。あとは選手たちがそのクオリティを発揮できるかどうかだ。一歩一歩、改善されていくだろう。僕の願いはチームがさらに競争力を高め、国内の強豪チームとの差を縮め、チャンピオンズリーグの舞台に復帰することだ」

「これからの2年間に向けても戦う準備は整っていると感じている。僕は、上達に年齢は関係ないと思っている。何歳であろうと、最も重要なのは、その意欲だ。なぜなら、それがチームとして共に向上し、チームとして共に高いレベルに到達するための唯一の方法だからだ」

関連リンク

  • 1/21 21:11
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます