武藤嘉紀が約3年ぶりの代表でゴール「アシストやゴールにフォーカスしていた」

拡大画像を見る

 W杯アジア最終予選を控える日本代表候補の国内組が21日、流通経済大学とのトレーニングマッチ(45分2本)に臨み、7−0で勝利した。

 約3年ぶりの代表選出を果たした武藤嘉紀は3トップの右サイドでプレー。20分には左サイドの崩しから最後は長友のラストパスに合わせてゴールも記録した。試合後、武藤は「3トップということで、大迫選手やトップ下、ボランチとの距離感は意識したけれど、アシストやゴールが仕事なので、そこにフォーカスしていた」とコメント。

 ゴールという結果が残せたことについては、「実戦で決められて自信にはなった」としつつ、「大一番で発揮したいので、ピッチ内で良いプレーを見せられるように集中していきたい」と述べ、今月末に行われるW杯アジア最終予選のメンバー入りにも意欲を見せた。

 国内合宿はこの試合をもって打ち上げとなり、最終予選のメンバーは後日発表となるが、「やるべきことはしっかりやったので、メンバー発表を待って、選ばれるにしろ、選ばれないにしろ、自分の全力というのを代表でもクラブでもチームのためにやり続けていきたい」と決意。「最終予選でチームが求めるものを出して勝利につなげたい」との意気込みを口にした。

<得点者>
1-0 大迫(3分)
2-0 相馬(16分)
3-0 武藤(20分)
4-0 上田(55分)
5-0 渡辺(57分)
6-0 上田(72分)
7-0 上田(90分)

<出場選手>
GK 権田
DF 酒井(46分山根)
DF 中谷(46分西尾)
DF 谷口(60分 流経大学生)
DF 長友(46分佐々木)
MF 稲垣(46分松岡)
MF 江坂(46分渡辺)
MF 脇阪(60分佐藤)
MF 武藤(46分鈴木)
MF 相馬(46分荒木)
FW 大迫(46分上田)


【動画】日本代表、流経大に7発快勝!




関連リンク

  • 1/21 21:10
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます