結婚相手、彼でいいの?後悔しない【結婚相手の見極め方】

拡大画像を見る


長く付き合っている彼氏がいる人は、「このまま、彼と結婚することになるだろう」と考えている人が多いでしょう。しかし、いざ結婚となった時、「本当に、結婚相手は彼でいいのだろうか?」と不安になるもの。
一生を添い遂げる相手となれば、自信を持てなくなる人もいるでしょう。そこで今回は、結婚相手の見極め方についてご紹介します。


あなた以外の人に対する接し方をチェック

付き合い始めの頃は、「誰だってよいところを見せたい」と思い、気を使うもの。
しかし、そんな接し方が永遠に続く訳ではありません。交際期間が長くなれば、少しずつ本来の彼に戻っていくでしょう。
そんな時、彼があなた以外の人とどのように接しているのか、チェックしてみましょう。友達、あなたの友達、店員、後輩、上司などへの接し方から、本当の彼が見えてくるはずです。


金銭感覚は似ているか?

結婚生活は、楽しいだけではありません。生活をしていく訳ですから、お金のことはとても大切。
それゆえに、金銭感覚というのはとても重要なポイントです。お給料が出てから、どんなことにお金を使っているのか、貯蓄をしているのか、などをチェックしてみましょう。
万が一、欲しいものをどんどん買ってしまうような彼であれば、結婚後苦労することになります。


子供がほしいかどうかも事前に確認

結婚となれば、二人だけの生活を考える訳にはいきません。互いの親のことだけでなく、子供のことも考えておいた方がよいでしょう。
子供がほしいかどうかを話し合わないまま結婚してしまえば、「俺は、子供嫌いだから......」なんて言われる可能性も。あなたが子供を欲しいと思っていれば、辛い結婚生活になるかもしれません。


彼に尊敬できる部分はあるか?

結婚後の生活は、これまでの恋愛期間とは比べ物にならないくらい長いものになります。当然、その間に何度も喧嘩をすることになるでしょう。
その時、簡単に関係が壊れてしまわないためには、「尊敬できる部分があるかどうか?」が鍵となります。
どんなに腹が立つことがあっても、尊敬できる部分があればそれが支えになり、修復しようと考えることができるでしょう。


隠し事はないか確認する

仲の良いカップルは、「お互い、隠し事なんてない」と思っているでしょう。しかし、意外にも結婚後に「旦那に借金があった」「実は他に女がいた」なんてケースが少なくありません。
そのため、結婚後に後悔しないためには、隠し事がないかしっかりと確認することが大切。本人に聞くだけでなく、部屋に行って郵便物を確認したり、自分以外の女の影がないかなど、物理的な確認をしておけば安心です。


まとめ

長く付き合っている彼氏でも、いざ結婚となると不安になるもの。「この人が、本当に運命の相手なんだろうか?」「彼とこの先何十年も、本当に一緒にいられるだろうか?」「他に、もっと相応しい人がいるのでは?」と思う人も多いでしょう。
そんな時には、改めて彼のことを見直し、結婚相手として相応しい相手かどうか見極めてみましょう!(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 1/21 21:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます