本当は仲良くしたいのに…【彼氏との喧嘩】を防ぐ4つの方法とは?

拡大画像を見る


喧嘩は相手との絆を深めるために必要だとはいえ、いつも揉めていると疲れてしまいますよね。 すぐに喧嘩してしまうのを防ぎ、彼氏ともっとラブラブでいるにはどうすればいいのでしょうか? 今回は彼氏と喧嘩しないための4つの対策法をご紹介します! ‌


すぐに「別れる」と言わない

彼氏にイラっとしたときに、すぐに「別れるから!」なんて言ってしまう人は要注意。 彼氏に謝ってほしかったり「そんなこと言わないでよ」と否定してほしかったり、とにかく彼女側としてはその場の雰囲気を良くしようとしてつい言っちゃうんですよね。 でも、別れをにおわす言葉って逆効果になってしまうことの方が多いんです。 だから本当に別れる気があるとき以外に「別れよう」の言葉はNG。喧嘩を防ぐために、彼氏の感情を逆なでしないような言葉遣いを心がけましょう! ‌


ルールを細かく決めすぎない ‌

 「毎日LINEをする」「電話は即折り返す」などの細かいルールがあると、相手が守ってくれなかったときにストレスが溜まり、喧嘩の原因になってしまいます。ふたりの間で約束事を決めるときは、相手の行動を束縛するような細かいルールを作らない方がベターです。 恋人同士であっても、仕事や住んでいる場所が違えば、生活リズムはそれぞれ違って当たり前。 もしルールが守れないことがあっても「何か事情があるのかな」ぐらいに捉え、小さなことでイライラしない心の余裕を持っておくことも大切ですよ。 ‌


相手の意見を頭ごなしに否定しない ‌

 心を許せる恋人には、つい遠慮なく本音で喋ってしまいがち。 だからといって、彼氏の意見を頭ごなしに否定するのはよくありません。「俺の気持ちを無視して!」「何もわかってくれない!」と相手が嫌な気分になり、そのまま喧嘩になってしまいます。 彼氏の意見に納得できないときは「私だったらこうするかな」「こういうやり方はどうかな?」など、否定しないような言い方を工夫してみましょう。そうすることで、彼氏とぶつかり合うことが減り、喧嘩を防ぎやすくなります。 


思っていることは全部伝える

 どんな仲良しカップルでも、付き合いが長くなってくると、時には喧嘩になるもの。 喧嘩が長引いてくると、早く仲直りしようと思って、言いたいことはたくさんあるけどとりあえず黙っておこう...ということもありますよね。 でも、不満を残した状態だと、次第にモヤモヤとした感情が大きくなり、またすぐに喧嘩になってしまいます。 ‌言いたいことはその場で全部伝えて納得するまで話し合うことも、彼氏との喧嘩を減らしラブラブでいるためのコツです。 ‌


相手への思いやりが何よりも大切 ‌

彼氏との喧嘩を防ぎ、ラブラブな関係を保つためには、相手への思いやりの気持ちが何よりも大切。
カッとなってすぐに相手に感情をぶつけるのではなく「こんなこと言われたら相手はどう思うかな?」と考えてから発言するようにしてみましょう。少しの工夫で、彼氏との喧嘩はグンと減らせるはずですよ!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 1/21 21:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます