大迫が練習試合で先制弾 W杯予選に向けて「いい準備はできた」

拡大画像を見る

 W杯アジア最終予選を控える日本代表候補の国内組が21日、流通経済大学とのトレーニングマッチ(45分2本)に臨み、7−0で勝利した。

 この試合の前半3分にCKの流れから先制点を挙げたFW大迫勇也(神戸)が今回の国内組による合宿を振り返り、「しっかりとしたトレーニングを毎日できたし、内容の濃いキャンプだった」とコメント。自身の状態については「ちょっと疲れの部分も見えたけれど、いい練習が毎日できたからこそだと思うので、いい刺激を受けながら活動できたと思う」と述べ、今月末に控えるW杯アジア最終予選に向けて「いい準備はできた」と、合宿が有意義なものになったことを強調した。

 また、一部のメンバーが不在となる影響については、「いない選手の話をしても意味がない」と語り、「いる選手がしっかりやってくれると思うし、能力のある選手が揃っている。あとは個々ではなく、チームとして力を発揮できるかどうか」と主張。現状のメンバーとともに一丸となって挑む姿勢を示した。

<得点者>
1-0 大迫(3分)
2-0 相馬(16分)
3-0 武藤(20分)
4-0 上田(55分)
5-0 渡辺(57分)
6-0 上田(72分)
7-0 上田(90分)

<出場選手>
GK 権田
DF 酒井(46分山根)
DF 中谷(46分西尾)
DF 谷口(60分 流経大学生)
DF 長友(46分佐々木)
MF 稲垣(46分松岡)
MF 江坂(46分渡辺)
MF 脇阪(60分佐藤)
MF 武藤(46分鈴木)
MF 相馬(46分荒木)
FW 大迫(46分上田)


【動画】日本代表、流経大に7発快勝!




関連リンク

  • 1/21 20:26
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます