「できるだけ円満に別れたい...」上手に別れ話をする方法

拡大画像を見る


恋愛には、はじまりがあれば終わりがあります。最初から別れることを考えて付き合うことはありませんが、一緒にいる時間が増えることで気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。そんな時、「別れたいけれど、どうやって別れたらよいのだろう」と悩む人が少なくありません。告白よりも別れ話の方が、勇気がいるでしょう。
そこで今回は、上手に別れ話をする方法をご紹介します。


「大切な話がある」と事前に伝えておく

彼氏に別れ話をする上で、突然「別れたいんだけど...」と切り出すのはNG。どんなに今は気持ちがない相手であっても、相手を労わることを忘れないようにしましょう。
そのため、まずは「大切な話がある」とジャブを打っておくことが大切。この一言で、「もしかしたら、別れ話かも...」と心の準備をする時間を作ることができます。事前に心の準備ができることで、受けるショック度を少しは和らげることができるでしょう。


会って気持ちを伝える

最近では、何でもLINEでやり取りを済ませてしまう人が多いでしょう。「告白はLINEだった」という人もいるかもしれません。
しかし、別れ話はちゃんと会って顔を見て話すのが理想的です。一度は好きになった相手、今まで一緒に過ごした相手なのですから、礼儀として直接会って伝えるようにしましょう。そうすることで、あなたの気持ちもより伝わりやすくなるはずです。


簡単に出した答えではないことを伝える

別れ話をするために会うというのは、辛いことかもしれません。しかし、別れ話をされる彼だって辛いはずです。
彼に会ったら、しっかりとあなたの気持ちを伝えましょう。一時の気持ちではないことを伝えるためには、「ずっと考えていたんだけど...」「たくさん考えたんだけど...」と簡単に出した答えではないことを強調することがポイントです。


彼への不満や悪口は言わない

彼への気持ちが冷めてしまった理由は、人によってそれぞれです。中には、「彼の浮気癖についていけない」といった彼が原因のケースもあるでしょう。
しかし、上手に別れ話を進めるためには、彼への不満や悪口は言わないこと!「あの時の態度が許せなかった」「どうして、あんなことをしたの?」と問い詰めたって、今更あなたの気持ちは変わらないでしょうし、別れ話が長引くだけです。別れ話は、「今までありがとう」と、互いに気持ちよく終わらせましょう。


揉めそうなら、第三者を交える

彼氏と別れたいと思いながらもなかなか切り出せない人の中には、「別れ話をしたら、揉めそう」と不安を抱えている人もいるでしょう。そんな人は、二人で解決しようとせずに第三者に協力してもらうことがおすすめです。別れ話の際、友達や親など第三者に入ってもらうことで、彼も冷静に話を聞き、受け入れてくれるでしょう。


まとめ

どんなに好きだった彼でも、付き合っていくうちに価値観のずれや性格の不一致により、気持ちが冷めてしまうのは仕方がありません。しかし、一度は愛し合った相手なのですから、別れ話も誠意をもって対応することが必要です。互いに納得した上で別れることができれば、次の恋愛もスムーズに進めることができるでしょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 1/21 20:01
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます