イチロー、「偉業達成」プロ野球OBもマネできなかった「ケガ回避」秘技!

拡大画像を見る

 阪神タイガース、日本ハムファイターズ、オリックス・バファローズのセ・パ3球団を渡り歩いた元プロ野球選手・坪井智哉氏が、プロ野球のOBが1300人所属している「プロ野球OBクラブ」のYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉の、1月15日付け投稿回に出演。

 坪井氏は、同じ学年にあたることもあって共通の知人を介してプロ入り早々から、のちにメジャー・リーガーとなったイチロー氏と交流を深めてきたという。そんな坪井氏に、MCのタレントでフリーアナの半田あいが「イチローさんの凄さってどういうところなんでしょうか?」と質問。

 すると、坪井氏は、「まずケガしないですよね。あれだけケガしないって、ボクらからしたら考えられない」

 そして、ケガをしない方法をイチロー氏に訊ねたところ、ピッチャーのボールが当たりそうになった時、「危ない!」と体を硬直させてしまうからケガにつながるのだそうで、危ない時こそ体の力を抜くようアドバイスを受けたそうだ。

 これに半田が、「できましたか?」と問うと、「できないですよ」と一笑に付した坪井氏。

 他にも、「ナルホド」と思う助言を受けても、坪井氏は、「できる、できないとなると半分以下ですもんね」と語ったものだった。

 ところで、坪井氏は左右に打ち分けるバットコントロールに定評があり、シーズン1年目の1998年に打率「.327」をマーク。日本ハムに移籍した2003年シーズンも打率を「.330」とし、日本プロ野球史上初となる、セ・パ両リーグで打率3割超えの達成者であり、以後、達成者は未だ現れていない偉業の持ち主である。

 その坪井氏をして、「半分以下」と言わしめるイチロー氏の才能は、さすがメジャー級といったところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 1/21 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • でも、そんな立浪監督もデビュー当時は怪我をよくしとったなぁ…

  • 中日 立浪監督は良い選手は怪我をしないと言っていた 隣にいた井端氏にもしないでしょ?って言っていた デッドホールになっても怪我をしない当たり方ってあるんですよぉって言っていた

記事の無断転載を禁じます