高校サッカーがJユースを上回る可能性。青森山田の強さから探る

拡大画像を見る

◆青森山田が3度目の優勝

ケチのつけようがない強さだった。第100回全国高校サッカー選手権大会は、優勝候補の筆頭だった青森山田高校(青森)が3年ぶり3度目の優勝を飾った。

決勝戦は、大津高校(熊本)を相手に4-0の完勝。卒業後にプロの世界へ進む主将のMF松木玖生(3年、FC東京に加入内定)とMF宇野禅斗(3年、町田ゼルビアに加入内定)が中盤を支配し、相手にシュートを1本も打たせない徹底した守備で波状攻撃を生み出した。

黒田剛監督は「何でもできるサッカーを志向してきた。パーフェクトなゲームをやってくれた」と教え子たちを褒め称えた。相手が守備で粘っても、コーナーキックやフリーキックといった攻撃のタイミングを合わせやすいセットプレーからゴールを奪った。初戦となった2回戦からの5試合で合計21得点、1試合平均4得点以上という驚異的な得点率でゴールを量産。圧倒的な強さを見せつけた優勝劇だった。

◆タイトルを総なめ、3冠を達成

青森山田が強かったのは、今大会ばかりではない。今季は、獲得が可能なタイトルをすべて手に入れた。夏のインターハイも全国優勝、Jリーグクラブのユースチームも参加して年間を通じた成績を争うプレミアリーグEASTも制し(今季はコロナ禍による日程変更の影響でWEST優勝チームとのチャンピオンシップは開催されず)、そして冬の高校選手権も制覇。主将の松木は「1試合1試合を大切に戦うことに矢印を向けたことが、3冠につながった」と目の前の試合に全力で挑み続けてきた1年を振り返った。

第100回のメモリアル大会を制すると同時に年間3冠を達成したことは「青森山田時代」の到来を象徴している。青森山田は、今回で4年連続の決勝進出。2016年度の初優勝から6年で3回目の優勝を飾った。この間に、今季を含めるとインターハイでも1度、プレミアリーグEASTで3度優勝。そのうち2回は、WEST王者とのチャンピオンシップも制して日本一となっている。

◆高校サッカーの歴史を振り返る

なぜ青森山田がここまで強くなり、一時代を築くに至ったのか。そこには、高校年代の環境の変化が大きく影響している。100回を数えた高校サッカー選手権の歴史を少し振り返る。

「高校サッカー」が冬の風物詩として根付いたのは、1976年度の第55回大会からだ。開催地が関西から首都圏に移り、決勝戦の会場となった国立競技場が超満員になり、注目イベントとして飛躍した年だ。当時の高校サッカー界は、静岡県と埼玉県の2強体制。どちらかが必ず決勝戦に進むという時代だった。その後、各地で熱血監督が2強体制を崩しにかかった。

その代表的な人物が、準決勝前日に76歳で逝去された長崎総合科学大学附属高校(長崎)の小嶺忠敏監督だ。小嶺監督は、長崎県の国見高校で冬の選手権を戦後最多タイの6度の優勝に導いた名将として知られる。中でも、2000年度~03年度の4年間はすべて決勝に進出して3度優勝。「国見時代」を印象付けた。大会初の2年連続得点王となった平山相太や、21年に現役を退いた元日本代表FW大久保嘉人をはじめ、多くの選手をプロの世界にも送り出した。

高校サッカー界をけん引した功績は大きく、今回の第100回大会では、8日の準決勝、10日の決勝で全選手が喪章をつけ、試合前には黙とうが捧げられた。90年代後半は、国見だけでなく、帝京高校(東京)、市立船橋高校(千葉)、鹿児島実業高校(鹿児島)、東福岡高校(福岡)と次々に全国レベルの強豪校が誕生。どのチームもハードな練習のエピソードに事を欠かず、複数の強豪校が埼玉県勢、静岡県勢としのぎを削る時代になった。

◆Jユースの台頭で群雄割拠の時代に

しかし、2005年度以降は、野洲(滋賀)、盛岡商業(岩手)、流通経済大学付属柏(千葉)、広島皆実(広島)、山梨学院(山梨)、滝川第二(兵庫)と7年連続で初優勝校が誕生した。新たな勢力の台頭とともに、90年代後半に台頭した名門校が勝てなくなり、群雄割拠の時代になった。青森山田がインターハイを初めて優勝したのも2005年だ。背景には、93年に開幕したJリーグのプロクラブが各地に増え、高校年代のユースチーム(Jユース)を強化した影響がある。学校の校庭で教員が指導を行う部活動に比べ、Jユースは、専用のグラウンドや施設を持ち、プロのコーチが指導するなど環境面に優れる。のちに2002年日韓ワールドカップで活躍するMF稲本潤一やDF宮本恒靖らが、ガンバ大阪の育成組織から高校生のうちにJリーグデビューを果たして脚光を浴びた影響もあり、有力な中学生が、強豪高校ではなくJユースに集まる時代になった。高校サッカー界は、戦力が均衡。強豪校はさほど戦力で優位でない中、勝って当たり前のプレッシャーにさらされ、苦しんだ。

毎年どこが勝つか分からない時代になったが、そこに変化を加えたのが、2011年に始まった年間リーグだった。それまで春から秋に全国9地域で行っていたリーグ戦を、冬まで延長して通年化し、上級カテゴリーとしてEAST、WESTのプレミアリーグを新設。短期決戦のトーナメントより総合力が問われるため、戦力優位のJユースが高校勢を上回ると見られたが、その予測に抗った高校勢が大きく成長した。

青森山田は、その代表格だ。東北の王者として初年度からプレミアリーグEASTに属し、数年は守ってカウンターを狙うことしかできず、苦しい残留争いを続けた。しかし、守り方が分かってくると、攻撃面ではカウンターやセットプレーに加えて、Jユースが得意とするボールを保持してパスをつなぐスタイルにも挑戦。強敵と争う日常で基準を高めた結果、リーグ戦で2015年度からは上位に進出。冒頭に紹介した2016年度以降の輝かしい成績につなげた。プレミアリーグEASTに初年度から生き残っている高校チームは、青森山田のみだ。

黒田監督が大会中に何度も「シュートを打たせない、リスタート(セットプレー)も取らせない。堅守速攻、またはポゼッション(パスをつないでボールを保持しながら攻めるスタイル)、リスタート。すべてにおいて、何でもできるサッカーを志向してきた」と繰り返したのは、最高峰のリーグで生き残り、鍛えられたチームに対する誇りだ。

◆高校サッカーがJユースを上回る可能性

準決勝で青森山田に敗れた高川学園高校(山口)の江本孝監督が「日常が違うなというところ。日常から激しく厳しく、しのぎを削るトレーニングを積み重ねないといけない」と話し、準優勝となった大津の山城朋大監督も「相手は4年連続の決勝進出。我々は3年ぶりの全国出場。場馴れじゃないけど、毎年出場して国立で戦うことを続けないと差が縮まらないと痛感している」と語ったように、日常のプレー強度や精度の違いが、大きな差となって表れた。

青森山田時代の到来は、リーグを通年化したときには予想されていなかった、高校サッカーがJユースを上回る可能性を示している。リーグ戦がチームや選手を大きく育てることが実証され、他の高校もプレミアリーグでの成長を狙う時代だ。

今大会で準優勝の大津高校(熊本)は、プレミアリーグWESTに昇格したり降格したりを繰り返しており、定着を目指す。ベスト8に入った静岡学園高校(静岡)や前橋育英高校(群馬)も来季はプレミアリーグを戦う。強豪Jユースにもまれる世界で生き残るのは簡単ではないが、青森山田のようなベースアップをするチームが出てくる可能性はある。群雄割拠の時代を経て、再び強者が強者たる所以を持つ時代がやって来ている。<文/平野貴也>

【平野貴也】
1979年生まれ。東京都出身。「スポーツナビ」編集記者を経て、2008年からフリーライターとなる。サッカーやバドミントンなど、スポーツ全般を取材。高校サッカーなどの育成年代、マイナーな競技や大会の取材も多い。

関連リンク

  • 1/21 8:53
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます