「金メダル13個」内村航平に「モラハラ離婚」報道!「非情発言・手料理拒否・育児ノータッチ」…“体操界のキング”と東出昌大「3つのド被り」!!

拡大画像を見る

 1月14日に引退会見を行った体操男子・内村航平(33)の“モラハラ離婚トラブル”を1月20日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じた。

 内村といえば、オリンピック4大会に連続出場し、世界選手権とあわせて13個の金メダルを獲得した“体操界のレジェンド”。3月12日には“引退試合”が控えている。しかし、プライベートでは妻の千穂さんと離婚の危機に直面しているようだ。

 記事によると、千穂さんが用意したハンバーグやスープを見た内村は「ウーバー頼んだから」と料理には手をつけず、自分が食べるものだけデリバリーすることもあったという。また、精神的な不調を訴えた千穂さんに対し、「自分の脳のことなんだから」といった言葉をかけるなど、モラハラ的な言動があったとされる。

 精神的に追い詰められた千穂さんは食事が喉を通らなくなり、体重が33キロ台まで落ちてしまったというから驚きだ。

 内村と千穂さんは2012年11月に結婚、2013年4月に第1子女児が、2015年には第2子の女児が誕生している。

 トラブルの背景には千穂さんと内村の母・周子さんとの“嫁姑問題”もあったとされる。『週刊文春』によると、妊娠中の千穂さんに周子さんが「本当に航平の子ですか」という心無い言葉をかけたこともあったという。

 内村と千穂さんは2013年12月にハワイで結婚式を挙げたが、場所を決めたのも周子さんで、突然「ハワイでやるから」と言われ、式の内容もすべて決められていたようだ。

「メディアでは娘2人の話をするなど“イクメン”のイメージもあった内村選手ですが、実際は家事や子育てには無関心で、娘たちが話しかけても邪険に扱ったり、公園に連れて行くようなこともなかったそうです」(ワイドショー関係者)

■東出昌大も食事や育児を巡って悪評が噴出

 内村は2021年11月、一方的にLINEで離婚と別居の意思を千穂さんに伝え、妻と娘が不在の間に荷物をまとめて出て行ってしまったという。『週刊文春』の直撃に千穂さんは「離婚の話は出ています」と語り、モラハラについても「はい」と認めている。

「記事の内容通りであれば、あまりにも酷い仕打ちで千穂さんが精神的に参ってしまうのも仕方がないですよね。ただ、このモラハラ発言、妻の手料理を拒否、育児にノータッチというところは、つい東出昌大さん(33)のことを頭に浮かべてしまいますよね……」(前出のワイドショー関係者)

 1月31日をもって所属事務所を退所することが同月18日の『FLASH』(光文社)に報じられ、波紋を広げている東出。

 そんな東出は2020年1月に唐田えりか(24)との3年不倫が明らかになり、同年7月に元妻の杏(35)と離婚したことを発表した。

「東出さんは杏さんが妊娠中に、唐田さんと不倫関係に及んでいたわけです。それだけでも絶句ものですが、杏さんが仕事と育児を両立させようと苦心する一方で、“イクメンキャラ”として知られ、CMにも起用されていた東出さんは育児や家事にいっさい協力しておらず、杏さんは“ワンオペ育児”を強いられていたそうですからね。

 また、帰宅した際に温かい食事が用意されていないと、怒って外に飲みに行ってしまうこともたびたびあったとも報じられています。このあたりは家事育児に無関心だったり、手料理を前にデリバリーを注文する内村選手と似ていますよね」(前同)

■浮気を疑った杏に東出昌大が放った“逆ギレ暴言”

 唐田との浮気を疑い、詰め寄ってきた杏に対して東出が「アタマがおかしいんじゃない?」と逆ギレしたこともあったという。

「これも内村選手が千穂さんに放った言葉と重なってきますよね。また、東出さんが養育費として“子ども1人につき月1万円”を提示した、という報道もありました。離婚後も父親としての自覚がない言動があった、ということですよね。

 内村選手と千穂さんは、離婚に向けて話し合いを進めているということですが、内村選手は2人の娘に対して父親として責任をしっかり果たすことができるのか、そのあたりも気になるところです」(前出のワイドショー関係者)

 内村の“モラハラ離婚”報道は、3月12日に迫った引退試合に影響を及ぼす可能性もありそうだ。

関連リンク

  • 1/21 7:20
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます