内村航平‟モラハラ離婚”報道に「全く意外じゃない」の声!蒸し返される女性問題と引退会見での「後輩ディスり発言」!!

拡大画像を見る

 1月14日に引退会見を行ったばかりの日本体操界のレジェンド・内村航平(33)に‟モラハラ離婚”報道が噴出した。

 1月20日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じたところによると、2012年11月に結婚し、2女をもうけた妻・千穂さん(32)と夫婦関係が悪化。内村のモラハラ的な言動で追い詰められた千穂さんの体重が一時33キロまで激減したこと、さらには昨年11月、帰省中の千穂さんの元に内村から別居と離婚の意思を告げるLINEが一方的に届いたことなどが併せて伝えられた。

「オリンピック4大会に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダルを獲得した内村の輝かしい功績は誰もが知るところです。先日の引退会見でも‟体操だけ上手くてもだめ”‟結果を残していく中で、人間性が伴ってないと誰からも尊敬されない”など、ストイックな名言を連発して場を沸かせました。

 長年体操界をリードしてきた内村の引退を惜しむ声も多かったのですが……今回の報道に関するネット上の反応を見ると、《全く意外じゃない》《やっぱりなと思った》となぜか納得する声が上がっているんです。もともと内村の言動に疑問を抱いていた層がいるのかもしれません」(女性誌記者)

 内村と千穂さんは日体大体操部の先輩・後輩に当たる。2人が体操を通じて接近し、交際に至ることは何ら不自然ではないが、実は内村には結婚直前まで4年にわたって交際していた‟別の女性”の存在があったと、2012年12月20日号の『女性セブン』(小学館)が報じている。

■内村航平、引退会見でも「モラハラっぽ」発言!

「内村と女性が距離を置いている間に千穂さんが猛アプローチをかけ、内村が根負けしたと言われていますが、本当のところは当事者にしかわかりません。2股というわけではなかったのかもしれませんが、千穂さんとは12年11月に入籍、翌年4月に長女を出産と、結果的に‟デキ婚”的なパターンになってしまったので、当時から体操界のエリートだった内村の爽やかなパブリックイメージとギャップがあったことは事実だと思います。

 また、先日の引退会見で『ウチムラ』と自身の名が付く技を残していないことについて質問が飛ぶと、元体操選手の白井健三氏(25)が2013年の世界選手権で成功させた跳馬の‟シライ/キムヒフン”という技について《2010年に僕が最初にやっている。健三にとられた技ですね》と発言。

 本人にしてみればちょっとした後輩イジリやユーモアのつもりだったのかもしれませんが、ネット上ではこれが蒸し返され、‟そんな事言わなくていいし…”‟結局、白井さんディスってる形になってるよね”‟モラハラっぽく見える”と、今回の報道と結びついてしまっているようなのです」(前出の記者)

 夫人の手料理にも手をつけず、デリバリーサービスを頼むことも多かったという内村。トップアスリートの‟裏の顔”に落胆の声が上がる一方で、《普通の人ならどうかと思うけど、ここまでの天才ならしょうがない》《すごい成果残したから聖人君子ではないよね》といった擁護の声も少なくない。

 数々の偉業を残した天才にも‟世間の常識”を当てはめるべきか……受け止め方は個々人によって変わってきそうだ。

関連リンク

  • 1/20 20:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • この記事、他のネット報道のコメント欄では「視点の差はあれ90%以上は内村選手の擁護の意見ばかり」だったのだけど?。世界で長期間トップに立ち続けていた選手へのリスペクトが全く感じられない、「世界のレジェンド選手をゲスな芸能ネタに引きずりおろしている」という点でこのメディアの悪意と読者が増えたらOKの無責任な記事の垂れ流しを感じましたが。

  • エッコ

    1/21 17:13

    別にどーでもいいじゃん。誰得の記事なの??

  • 亭主関白とは違うの?

記事の無断転載を禁じます