深津絵里主演・NHK朝ドラ『カムカムエヴリバディ』、佐々木希の登場で走る「動揺」!「抜群のスタイル」も演技力「残酷すぎ格差」…アンジャッシュ渡部建を養う「一家の大黒柱」に不安!?

拡大画像を見る

 1月18日放送のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第54回で、佐々木希(33)が朝ドラに初出演を果たした。

「深津絵里(49)さん演じる2代目ヒロイン・るいの物語が12月22日に始まって約4週間。いよいよ佐々木さんが登場したんですが、一部の視聴者から、思わぬ声が上がっているんです」(テレビ誌ライター)

 現在、『カムカムエヴリバディ』では深津演じるヒロイン・るいがオダギリジョー(46)演じる大月錠一郎(通称ジョー)にプロポーズされ、ジョーは佐々木演じる笹川奈々の父が社長であるレコード会社からデビューすることになり、収録のため単身上京。笹川家に3か月居候することになるなど大きな展開を見せており、物語も佳境に差し掛かった感じで、視聴者の間で大きな盛り上がりを見せている。

 また、濱田マリ(53)と村田雄浩(61)が演じるクリーニング屋の店主夫婦・竹村夫妻の息の合った掛け合いや、市川実日子(43)演じるジョーの追っかけファン・ベリーや、早乙女太一(31)演じるトランペット奏者のトミー北沢の名演技もしっかりと物語全体を引き締めていて、視聴者を楽しませてくれている。そんな中での佐々木の登場――。

「今回、芸歴36年という超ベテランの深津さんがヒロインで、相手役のオダギリさんも20年以上俳優として第一線で活躍しています。それに加えて、濱田さん、村田さんや市川さん、早乙女さんのような実力派俳優陣が脇をしっかりと固めている。そうした中で朝ドラに初めて出演する佐々木さんが、一部の視聴者にとっては、他の俳優陣と演技力に差があるように見えてしまうようなんです」(前同)

■佐々木希に「リズム感ない」「しゃべる前から棒」の厳しい声……実力派俳優陣との「残酷格差」

 佐々木が演じる笹川奈々は、東京にある大手音楽プロダクション『ササプロ』の社長令嬢。『ササプロ』主催のトランペットコンテストでジョーの演奏を聴き、彼のデビューを後押しすることになるという役柄だ。

 18日放送の第54話では、佐々木はジョーとトミーの演奏を聴きながらステージを見つめ、ジャズの音楽に合わせて体を揺らし、19日放送の55話では、ジョーに「優勝おめでとうございます」と花束を贈呈、そのまま大きな目でじっとジョーを見つめている、というものだった。

「今回のドラマは大阪が舞台で、佐々木さんが演じる笹川奈々は東京から来たお嬢さまという役柄です。それだけに、設定的にも周りから浮いて見えることは避けられないかもしれません。ただ、『カムカム』のファンは、これまで深津さんとオダギリさんの繊細な演技、濱田さんと村田さんの阿吽の呼吸での掛け合いなどを見てきたわけです。それだけに余計、佐々木さんの演技が気になってしまうんでしょうね」(前出のテレビ誌ライター)

 視聴者からは、「佐々木希、お人形さんみたいですんごい可愛いんだけど、周りが演技派だから気になっちゃう…」「佐々木希、喋る前からすでに棒だと思ったw」「朝ドラに出るくらい佐々木希さんは演技上達したのかと思ってたけどそんなことはなかったね」「佐々木希のリズムの取り方がカクンカクンってなってて人形かな?」「佐々木希の演技の下手さがめちゃくちゃ目立ってたな。曲に合わせてのってる時もリズムと合ってないし。 大物俳優ばかり出演してるだけに、余計目立つな。」といった、佐々木の演技に対する厳しい意見が、SNS上には多く寄せられていた。

 その一方で、「やっぱり華やかだなあ、かわいいとか美人とかいうよりお人形さん、画面が一気に華やぐ」「佐々木希、めちゃくちゃ顔小さいし本当にかわいい」「首長すぎ、スタイル抜群すぎる」など、モデル出身の佐々木の強みである圧倒的なスタイルや華やかな美貌を賞賛する声も上がっている。

■夫・渡部建を支える「一家の大黒柱」に不安!?

 そんな佐々木といえば、2020年6月、夫である渡部建(49)による“ゲス不倫”が週刊誌で報じられ、渡部はレギュラー番組を全て降板、自粛に追い込まれた。

 夫・渡部は1年半以上経った現在も、芸能活動への復帰はかなわず、2021年12月には佐々木が仕事をして家計を支え、渡部が家事、育児を行なうようになっていることが複数のメディアで報じられている。

 実際に佐々木は、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』に出演しているだけでなく、2022年1月17日からは『ユーチューバーに娘はやらん!』(テレビ東京系)で、4年ぶりに連ドラに主演している。

「実力派俳優陣に囲まれている朝ドラで、佐々木さんとしてはいい演技をしていても、それ以上に周りの演技が上手すぎる、というのがありそうです。だから、どうしても実力に差があるように映ってしまう。そういう現場で女優として仕事をするのは、なかなか過酷な状況とも言えますよね。実際に視聴者から厳しい意見が多く上がってしまっているわけですから……。

 ただ、佐々木さんは今、“一家の大黒柱”として、女優業に邁進すべく燃えていると言われている。深津さんやオダギリさんらをはじめとする実力派俳優陣と一緒に演技をすることで、佐々木さんが女優として一皮むける、ということもあるのではないでしょうか」(ワイドショー関係者)

 2021年12月24日までに、佐々木は自身のインスタグラムに『カムカムエヴリバディ』の撮影時のオフショットを投稿。

 自身が演じる笹川奈々について、「私が演じる笹川奈々は、社長令嬢という役どころで、仕事を全うしようとするプロ意識の高い、一本筋の通った女性です。 勘違いされやすく鼻につくタイプに見えるかもしれませんが、その心の奥には優しさが隠れており、すてきな女性だなと思いました」と率直な言葉を綴っている。

 佐々木自身も演じる笹川奈々のように、「一本筋の通った」意思の強さで女優として地位を固め、渡部を支えていくのだろうか――。

関連リンク

  • 1/20 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 演技の話に渡部氏の話必要?

  • hiromoe

    1/22 7:50

    演技は下手だよ、、可愛いから許す、

  • この演技が下手だの言ってる連中はプロの演出家か何かですか?w 生本番の舞台を見ての発言ならまだしも、 何回もリメイクしてOKが出た演技で収録、編集して世に出たので、 出演陣も演出、作家も皆OKテイクにしたものなのに…… プロたちがOK出したものに対してのダメ出しはもう、単純に彼女やその後ろにチラ付く旦那が気に入らないだけでは⁉️www

記事の無断転載を禁じます