長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』、東出昌大「事務所クビ騒動」でも大好評!2020年逝去の三浦春馬さんと竹内結子さん「うわああ!ってなる」活躍と新キャラに見る「続編」可能性

拡大画像を見る

 1月14日に公開された長澤まさみ(34)、東出昌大(33)、小日向文世(67)が出演する古沢良太脚本の映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』。公開直後にメインキャストの東出が、1月末で現事務所を事実上のクビになって独立することが、18日発売の『FLASH』(光文社)で報じられたものの、映画の評判は上々。週末動員ランキング1位を公式サイトが発表し、1月17日にはFilmarksにて『初日満足度ランキング1位』を獲得したりと絶好調だ。

「今回は“英雄”と謳われた “三代目ツチノコ(角野卓造)”の死をキッカケに、彼の弟子だったダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)ら3人が“ツチノコ”の称号をかけてイタリアはマルタの首都ヴァレッタで幻の古代ギリシャ彫刻『踊るビーナス』をめぐって勝負をする、という内容です。

 映画では“あの二人”が、ちゃんと活躍できていたのは感涙ものでした」(映画ライター=以下同)

「あの二人」とは、19年公開の映画『ロマンス編』で初登場し、翌年公開の『プリンセス編』でも大活躍だった“ジェシー“と”スタア“のこと。「本来なら3作目(英雄編)はこの2人を軸にした脚本にする予定だった」と報じられるなど絶大な人気を誇っていたが、演者の三浦春馬さん(享年30)と竹内結子さん(享年40)が20年に急逝し、再登場は絶望的と言われていた。

■「僕もセリフで絡むことができたので、本当に嬉しかったです」

「今回の『英雄編』では、写真や映像こそ出なかったものの2人の存在はキャラのセリフで示唆されていて、詳しくは言えませんがちゃんと見せ場もありました。彼ら無しでは『英雄編』の伏線回収は難しかったと言ってもいいでしょう」

 パンフレットでもそれぞれが2人に言及しており、

東出「自分の中で心底嬉しかったのは、ジェシーやスタアの活躍が今回もあるというところ。僕もセリフで絡むことができたので、本当に嬉しかったです」

古沢「ぜひ出したかったんですが、どういう形にするのがいいのかというのはすごく考えました。主役の3人に華を添えてくれるような出方を考えていて、最終的にはああいう形になりました」

 とコメントしていた。

 SNSでは、

《ネタバレなし感想難しいー!とにかく盛りださん!今までのとちょっと系統違う感じかな、、、とりあえず赤星さん大好きです そして! ジェシーとスタアはいる…作り手さんの愛を感じる英雄編!!》《何言ってもネタバレなりそうで感想が言いづらいけど、とにかく最高!!ジェシー!スタア!うわああ!ってなる。愛にあふれてるあとコンフィデンスマンJPのヒロインは赤星、やっぱりアンタだ!》《ネタバレなしの個人的感想として、ロマンス編が素晴らし過ぎてプリンセス編がちょいイマイチだったから今回の英雄編はどうかな〜予告見る限りロマンス編を超える事はなさそうだな〜なんて思って観に行ったけど!!過去一番の騙し合いでした!!》

 と、実際に観賞したファンからの感謝の声であふれている。

■不安要素だった「規模縮小」と「続編絶望」はどちらも払しょくされた

「コロナ禍でエキストラが少ないほか、香港やマレーシアで撮影した過去作と違い、和歌山県のテーマパーク『ポルトヨーロッパ』が大半を占めていましたが、しっかりとヨーロッパの雰囲気があって、過去2作に比べても遜色ない豪華な仕上がりとなっていました。和歌山以外も複数のロケ地で撮っていて、役者だけでなくスタッフ一同は本当にいい仕事をしたと思いますよ」

 ちなみに、この『ポルトヨーロッパ』は中世の地中海の港町をモチーフにしたテーマパークで、深田恭子(39)主演映画『ルパンの娘』などでも利用されている有名なロケ地。『コンフィ』ではほかにも福島県や栃木県でも撮影されたことが、パンフレットで明かされている。

「それから今後の可能性についてですが、脚本担当の古沢氏が23年のNHK大河ドラマ『どうする家康』で多忙を極めるので、すぐには無理でしょうが、成河広明プロデューサーらとの座談会でも続編は“機が熟せば”と否定的ではなく、次回はジェシーやスタアがそうだったように、『英雄編』のゲストだった瀬戸康史(33)や松重豊(58)、真木よう子(39)らが活躍する可能性もある。

 特に瀬戸が演じた“インターポールの狼”と呼ばれる捜査官・マルセル真梨邑(まりむら)については、小日向さんも初日舞台挨拶で“今回の終わり方だと、絶対(続編)あるんじゃないの?”と言及していました」

 初日舞台挨拶で「続編があるとしたら、次はどんな所へいきたい?」という質問にオーストリアのウィーンやエジプトなどが候補に挙げられた『コンフィデンスマンJP』。

 長澤らキャスト一同には、これからも「コンゲーム」で我々を騙していただきたい!

関連リンク

  • 1/20 8:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます