馬淵優佳、夫・瀬戸大也「新型コロナ感染大会辞退」以外にも心配の声!インスタ投稿「太もも大アザ」水着姿に「なにがあった?」

拡大画像を見る

 競泳の瀬戸大也選手(27)が新型コロナウイルスに感染し、1月21~23日に行われる「北島康介杯」を辞退することが、同月18日に正式発表された。マネジメント会社の発表によると、瀬戸選手と一緒にトレーニングをしていた選手が体調不良を訴えたことから瀬戸選手もPCR検査を受けたところ17日に感染が判明。幸いにも軽症で、現在は佐賀県内のホテルで隔離され療養しているとのことだ。

「21年に行われた『東京オリンピック』では1枚もメダルが獲得できなかっただけに気合を入れて練習に励んでいたでしょうが、残念ですね。

 ただ、瀬戸選手だけでなく妻で21年に4年4か月ぶりに電撃復帰を果たした飛び込み選手の馬淵優佳さん(26)も、別件で心配の声が出ています」(スポーツ紙記者)

 馬淵選手は1月14日にインスタグラムを更新し、榎本遼香選手(24)と須山晴貴(22)の3人で写真を投稿したのだが、左足の太もものあたりに大きなアザができていたのだ。

《足大丈夫?》《脚のあざが(泣)前腿全体じゃなくてそんな風につくんですね!》《脚のアザ、どないしたんですか?》

 と、コメント欄には心配の声も出ている。

「馬淵選手は2024年の『パリオリンピック』出場を目指して、21年10月からトレーニングに励んでいます。やはりブランクがあるためか、水面に足を打ち付けてしまい、それがアザになってしまっているんです。1月5日の『スポニチ』の取材に“下手な証拠です”とコメントしていましたが、水泳選手にとってアザは努力の証拠。心配するファンの気持ちもわかりますが、頑張って欲しいものです」(前同)

■夫も復帰を後押ししてくれている

 1月14日の『TBSニュース』インタビューで馬淵選手は、

「東京五輪で後輩たちの頑張りを見てすごく格好いいなって感化されました。まだ少し自分に選手としてやり残した事があったんじゃないかなって感じましたし、今ここを逃すともう一度やることは絶対できないのをすごく感じていたので今しかないと思いました。本当に、今しかないと」

 と復帰のきっかけを語ったほか、

「ちょっと迷いがあったのは事実です。

 旦那さんもあまり固定概念にとらわれる人ではないですし何事も結構考える前に、やってみないとわからないじゃんっていうような考え方なので本当に私と真逆で私はやる前に考えてこれは成功するのかとか本当にできるのかっていうのをすごくよく考えて行動に移すタイプなんですけど、旦那さんはやっぱり違うので『まずやってみないとわからないじゃん』っていうような考え方なので相談した時も『なんか面白そうじゃん』みたいな感じで応援してくれてますね」

 と、夫の瀬戸選手の後押しもあったことを明かしている。

 アザは痛々しいが、2024年のオリンピックを目指す馬淵選手の努力を見守りたいーー。

■【画像】馬淵優佳選手太ももに「努力の証拠」な大きなアザ!

種目は違うが、パリオリンピックに夫婦で出場する未来に期待したい。

画像は馬淵の公式インスタグラム『@mabu0205』 より

この画像の記事に戻る

関連リンク

  • 1/20 7:33
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます