嵐・相葉雅紀の嘆き止まらず!?フジ『VS嵐』後継番組『VS魂』に迫る“打ち切り”「時間切れリミット」!TBS『プレバト!!』&日テレ『THE突破ファイル』に「Wスコア負け」常態化で「もう限界」!!

拡大画像を見る

 坂上忍(54)MCの『バイキングMORE』(フジテレビ系)が、2022年3月末に終了することが発表された。

 また、『痛快TVスカッとジャパン』や『アウト×デラックス』(ともにフジテレビ系)、NHKの長寿番組『ガッテン!』や『バラエティー生活笑百科』、人気ドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』が同じタイミングで終了するという報道が出るなど、春の改編に関する話題も日に日に増えてきている。

「今春のタイミングで、『VS魂』(フジテレビ系)がどうこうなる、ということはありませんが、スタートから1年が経ったもののいまだに全く上がり目がないため、同番組はフジ局内で非常に問題視されていますね」(制作会社ディレクター)

『VS魂』は、嵐の活動休止に伴い終了した『VS嵐』に代わって2021年1月にスタート。相葉雅紀(39)がキャプテン、風間俊介(38)が副キャプテンを務め、SexyZoneの佐藤勝利(25)、ジャニーズWESTの藤井流星(28)、King&Princeの岸優太(26)、美 少年の浮所飛貴(19)がレギュラーメンバーとして出演している。

「同番組は嵐の番組を継承して、相葉さんが中心となりジャニーズの若手をどんどん前面に押し出していくような番組です。さまざまなアトラクションゲームで対決しますから、ゲームのセット、舞台装置にはかなりお金がかかっていて、美術費は億単位とも言われています。

 その減価償却は終わらせないといけないわけですが、スタート以来視聴率は低迷を続けていて結果が全く出せていないこともあり、改編のたびに“厳しい”や“いつまでもこのままでは……”といった具合に、“改編候補”として名前が挙がっていたんです。今春の改編タイミングでもそういった話があり、次の改編、秋のタイミングでは“いよいよマズいのでは”という話になっているそうです」(前同)

■「相葉雅紀&松本潤」でも裏番組にボロ負け……

 1月13日の『VS魂』の世帯視聴率は5.6%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)、テレビ各局が重視する13~49歳のコア視聴率は2.7%、同時間帯の『プレバト!!』(TBS系)は3時間SPで世帯13.2%、コア3.5%だったという。

「世帯で2倍以上の差をつけられているだけではなく、シニア層がメイン視聴者の『プレバト!!』にコアでも負けているんです。同日の『THE突破ファイル』(日本テレビ系)の世帯は8.8%、コアは5.4%でした。『突破ファイル』は同時間帯のコアで横並びトップをキープしています。

 世帯では『プレバト!!』、コアでは『突破ファイル』、『VS魂』はどちらの数字でもダブルスコアで負けている、という状況がずっと続いているんです」(前出の制作会社ディレクター)

 2021年12月16日の『VS魂』には嵐の松本潤(38)がゲスト出演。この日の世帯視聴率は6.3%、コア視聴率は3.6%と微増した。

「ただ、同日の『突破ファイル』のコアは5.1%、『プレバト!!』は世帯12.0%ですからね。相葉さんと松本さんがそろっても、コアでは『突破ファイル』に負け、世帯では『プレバト!!』にダブルスコアでボロ負けしているわけです」(前同)

■起死回生のリニューアルに「酷いなと思った」と相葉が苦言

 2020年12月24日の『VS嵐』最終回で、相葉は「嵐の番組をもらうってさ、すっげえプレッシャー」と不安を漏らしていた。

 スタート以来、視聴率低迷に苦しむ『VS魂』は2021年7月に大幅リニューアルを敢行。スタジオに組まれたセットを使ってゲームを行なっていたが、リニューアル後は陸上競技場、プール、テーマパークといった場所でゲストメンバーと対決を行なう新企画が始まった。

「しかし、視聴者からだけではなく、出演者からも不評が出てしまっていますよね」(テレビ誌ライター)

 同年8月の放送回では、水中で投球してプールの底にあるピンを倒すゲーム「水中ボウリング」にレギュラー陣やゲストが挑戦したものの、ストライクが出ないロースコアのゲームに終わってしまった。

 これにスタジオゲストの平野紫耀(24)は「『水中ボウリング』やってみたいなと思いましたよ」としつつも、「あれ、地上波で流れるわけですよね?」とコメント。これにレギュラーの風間も「『VS魂』すごいでしょ? あれを地上波で流す」とし、相葉も「ヤバい」と反応した。

 同9月の放送回では、丸太をどれだけ早く切れるかを競う「丸太早切り競争」というゲームが行なわれたが、このゲームについて相葉がスタジオトークで「このゲーム酷いなと思った」と苦言を呈したこともあった。

■フジテレビにはジャニーズに忖度している余裕がない

 前出の制作会社ディレクターが続ける。

「昨年6月にフジテレビ社長に就任した金光修氏は希望退職者を募ったり、視聴率低迷に苦しむ局を立て直すために改革を打ち出していますからね。それだけフジには余裕がないとも言えます。

『バイキングMORE』終了後には佐野瑞樹アナウンサー(50)と山崎夕貴アナ(34)がMCの『Dress Up!』という番組がスタートすると言われています。『バイキングMORE』終了は年間2億円とも言われる坂上さんの高額ギャラもネックになったとささやかれています」

 結果、ギャラが発生しない局アナを起用して新番組を立ち上げることになるようだ。

「『VS魂』は世帯5%前後という数字が定着してしまって、コア数字でも上がり目が全く見えない。局にはもう余裕がありませんから、ジャニーズ事務所への忖度で不人気番組を続けていく余裕はない。ジャニーズの番組といえども、金光社長を中心に聖域なき改革に取り組んでいくことになるのではないでしょうか。

『VS嵐』の後番組の『VS魂』、そして相葉さんの尻には火がついているといったところでしょうね」(前同)

 キャプテン・相葉は秋以降も“嵐枠”を守り続けることはできるのだろうか!?

関連リンク

  • 1/20 7:25
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます