木村拓哉、岡田准一の「名前ナシ」!「日本アカデミー賞」ジャニーズ「不参加」で大荒れ!!「草なぎ剛共演NG」とキムタクが出ない「もう1つの理由」!過去には長瀬智也の「失望」も…!!

拡大画像を見る

 2021年1月1日から12月31日までに日本で公開された優秀作品を表彰する「第45回日本アカデミー賞」15部門と新人俳優賞の受賞者・作品が1月18日に発表された。

「優秀主演男優賞」には『護られなかった者たちへ』の佐藤健(32)、『花束みたいな恋をした』の菅田将暉(28)、『ドライブ・マイ・カー』の西島秀俊(50)、『孤狼の血 LEVEL2』の松坂桃李(33)、『すばらしき世界』の役所広司(66)が選出された。

 各部門の最優秀賞は、3月11日に東京・グランドプリンスホテル新高輪で行なわれる授賞式で決定する。

「今回の各賞へのジャニーズタレントのノミネートはゼロとなりました。優秀主演男優賞には元SMAPの木村拓哉さん(49)や元V6の岡田准一さん(41)がノミネートされてもおかしくないはずなのに入っていないんです。やはり、“不自然”と捉えられていますね」(芸能プロ関係者)

 2021年公開の映画では、木村は映画『マスカレード・ナイト』で、岡田は『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』と『燃えよ剣』の2作で主演を務めている。

 いずれの作品も評価は高く、木村は『マスカレード・ナイト』で国内映画賞レースの幕開けを飾る「第46回報知映画賞」の主演男優賞を受賞。岡田は『ザ・ファブル』と『燃えよ剣』で「第64回ブルーリボン賞」の主演男優賞にノミネートされている。

 過去の「日本アカデミー賞」で、岡田は「最優秀主演男優賞」と「最優秀助演男優賞」、「話題賞 俳優部門」を1度ずつ、「優秀主演男優賞」を3度も受賞している。木村は当時の「賞レースに参加しない」というジャニーズ事務所の方針で辞退したものの、2006年の映画『武士の一分』の優秀主演男優賞に選ばれたこともあった。

 特に岡田の場合は今回、『ザ・ファブル』で堤真一(57)が「優秀助演男優賞」に、『燃えよ剣』で尾上右近(29)が「新人俳優賞」にそれぞれノミネートされている。

■木村拓哉&岡田准一を草なぎ剛と「並ばせたくない」!?

 前出の芸能プロ関係者が続ける。

「見事なアクションや演技を見せた主演の岡田さんがノミネートされていないというのは、あまりにも不自然とも言えるでしょうね。そのため、映画界、芸能界では“ジャニーズさんは辞退したんですね”となっているんです。日本アカデミー賞は“授賞式に参加すること”もノミネートの条件ですからね。

“授賞されますか?”という打診を、ジャニーズサイドが断ったのではないかとなっています。そこにはやはり、現役のジャニーズタレントと草なぎ剛さん(47)を並ばせたくはない、というのはあるでしょうね」

 日本アカデミー賞は、前年の最優秀賞受賞者がプレゼンターを務めるケースが多い。2021年3月に行なわれた「第44回日本アカデミー賞」で最優秀主演男優賞を獲得したのは、『ミッドナイトスワン』で主演を務めた草なぎだった。

「ここ数年、前年の最優秀賞主演男優賞を受賞した俳優がプレゼンターを務めたこともあり、今回の授賞式で草なぎさんがプレゼンターに選ばれる可能性は極めて高いでしょうね」(前同)

 2021年3月の授賞式では、嵐の二宮和也(38)が『浅田家!』で優秀主演男優賞にノミネートされ、草なぎと一緒に登壇したことも話題を呼んだ。

「ジャニーズのど真ん中にいる二宮さんが草なぎさんと共演できたのは、俳優の道を究めていきたいという二宮さんの意向で、アカデミー賞も含めて“もらえるものはもらっておきたい”という強い思いがあったからだと言われています。

 ただ、今回はジャニーズサイドがノミネートを辞退した可能性が言われている。これに映画界が大揺れになっています。やはり、主催者側としては“授賞式を豪華なものにしたい”ですからね。木村さんや岡田さんにも参加してもらって、式を盛り上げたかったはずです。

 しかし、2人のノミネートなしでアカデミー賞自体のスケールダウンの可能性が出てきており、関係者は騒然となっているといいます」(同)

■「草なぎ剛との共演」以外にもあった“ノミネートなし”の理由

 ジャニーズタレントがノミネートされていない理由。夕刊紙デスクはこう話す。

「草なぎとの共演NGに加えて、もう1つ語られています。それは、今回の『マスカレード・ナイト』の木村では最優秀主演男優賞を獲れないから、というもの。木村の受賞は“厳しいのでは”という前評判もありましたからね」

 ネットにも「マスカレード・ナイトじゃなぁ……」「役所さん、西島さん、菅田さんなどそうそうたる実力派俳優の中でキムタクが取れると思う方がおかしい」といったコメントが寄せられている。

「わざわざ授賞式に出張って行って、“選ばれませんでした”となるのはカッコ悪い、ということなのかもしれません。ただ、SMAP解散後の木村は番組やSNSなどで家族の話題も解禁して“パパ路線”に。“何をやってもカッコいいキムタク”というイメージは薄れつつあります。

 また、俳優としてドラマや映画でも大活躍。錚々たる俳優陣と並んで、そこで最優秀主演男優賞に選出されなくても、それがリアルな感じで決してマイナスにはるとは思えません。ただ、ジャニーズサイドとしてはまだ、そういった“負ける木村”を見せたくないのかもしれませんね」(前同)

■アカデミー賞をきっかけに長瀬智也とジャニーズ事務所に深い溝!?

 過去には元TOKIOの長瀬智也(43)が映画『空飛ぶタイヤ』で「主演男優賞間違いナシ」と言われていたにもかかわらず、受賞を逃したことでジャニーズ事務所退所に拍車がかかった、という報道もあった。

 2019年3月に行なわれた「第42回日本アカデミー賞」で『空飛ぶタイヤ』は9部門で「優秀賞」を受賞した(作品賞、監督賞、脚本賞、助演男優賞、助演女優賞、音楽賞、美術賞、録音賞、編集賞)。

「しかし、主演男優賞だけはなぜか受賞できなかったんです。長瀬さんが受賞を逃したのはジャニーズ事務所社長の藤島ジュリー景子氏にたてついたからだ、と当時言われました」(前出の芸能プロ関係者)

 ジュリー氏はTOKIOのデビュー前後からメンバーの育成やプロデュースを担当してきた。長瀬はそんなジュリー氏に対し、事件を起こした山口達也(50)の処遇や、バンド活動ができないこと、グループの今後について「どういうつもりなんだ!?」と不満をぶつけたとされる。

「長瀬さんとジュリー氏がぶつかったあと、『空飛ぶタイヤ』の主演男優賞受賞の件でアカデミー賞サイドからジャニーズ事務所に連絡があったようです。そこで、ジャニーズサイドが主演男優賞受賞を断ってしまったという話で……。このことがきっかけとなり、長瀬さんとジュリー氏の間に深い溝ができたとも言われています。

 木村さんと岡田さんのノミネートなしの件もそうですが、ジャニーズとアカデミー賞を巡ってはさまざまな因縁や思惑が働いていると言えそうです」(前同)

 ファンが期待する、木村と草なぎの“SMAP共演”はまだまだ見られないのだろうか――。

関連リンク

  • 1/20 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • ***

    2/1 19:50

    呪恨殺死怨

  • ***

    1/21 12:55

    クズ共は出なくて当たり前です

  • え⁉️ それじゃ日刊大衆さんは、この日本アカデミー賞は、事務所の意向とかで簡単にノミネートが無くなると⁉️ 完全に出来レースだと⁉️ そう言うことを言ってるよな⁉️www 俺から言わせりゃ、ジャニタレでノミネートされるような俳優なんていた? そんな作品あった? って感じだが……w

記事の無断転載を禁じます