【AJCC 注目馬】重賞初制覇狙う良血馬が、今年初戦で飛躍なるか

拡大画像を見る

 1月23日に中山競馬場で行われる、アメリカジョッキークラブC(4歳上・GII・芝2200m)。出走予定のオーソクレース(牡4、美浦・久保田貴士厩舎)に注目。

 同馬は父エピファネイア、母マリアライト、その父ディープインパクトという血統。通算成績は5戦2勝。

 2020年8月に札幌競馬場の2歳新馬戦でデビュー。デビュー戦を勝利で飾ると、続くアイビーSを連勝。GI初挑戦となったホープフルSでは、2着に好走した。

 春のクラシックでは、有力候補の1頭に名乗りを挙げていたが、そのまま休養入りし、秋へ備えた。

 その後、休養明けで挑んだ昨年9月のセントライト記念では3着。優先出走権を獲得した菊花賞でも2着に好走するなど、復活を感じさせる走りで3歳時を終えた。

 父エピファネイアは種牡馬として、昨年同レースを勝利したアリストテレス、GI・3勝を挙げているエフフォーリアなどを輩出。また母マリアライトも2015年エリザベス女王杯、翌年の宝塚記念を制した名牝で、同馬はその初仔にあたる。

 未完の大器とも言える良血馬が、今年初戦で重賞初制覇を飾り、飛躍を遂げるか。

関連リンク

  • 1/19 20:30
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます