テレ朝・田中萌アナ「まったく結婚したくない」発言に社内大ブーイングのワケ!相手男性「家庭崩壊」5年前の文春砲「不倫」、報じられなかった「3股疑惑相手のあと2人」!!

拡大画像を見る

 テレビ朝日の田中萌アナウンサー(30)が1月16日、進行役を担当する『ABEMA的ニュースショー』(ABEMA)に生出演。番組内での発言が波紋を広げているという。

 田中アナは高級ホテルで実施されている「おひとりさまバースデープラン」を体験。1人でスイートルームに1泊し、自分の誕生日を祝うプランに、田中アナは「テレビ局に入りたいと思って田舎から出てきて、いろいろあって1人でロケに行かされているわけですが。でも、私のこの30年も悪くなかったと思いますね」とコメント。自身は「1人の時間が大好き」とも語った。

 さらに「自分で働いて得たお金を自分のために使うというのが本当に大好き。そのために働いているようなものなので」と話した。続けて、同世代の友人が口をそろえて「結婚したい」と言っているものの、「私はもう年を重ねるごとに“結婚したい”がなくなってきて、今難しいですよ。うん、まったく結婚したくない、まったくそこに魅力を感じていない(笑)」と、まったく結婚願望がないと告白した。

「田中アナのこの発言にテレ朝社内の一部では大ブーイングが起こっていますよ。もう5年ほど前ですから忘れられつつある話ではありますが、入社2年目に不倫で“文春砲”を食らっているわけですからね」(制作会社関係者)

 2016年12月、『週刊文春』(文藝春秋)が田中アナと同局の加藤泰平アナ(39)の不倫をスクープ。2人は当時、情報番組『グッド!モーニング』でサブMCを務めていたが、既婚者である加藤アナが田中アナの自宅マンションに1泊する姿が撮られたのだ。

 不倫報道後、田中アナと加藤アナはそろって『グッド!モーニング』を欠席。田中アナはそれ以降、出演を休止。事実上の降板となった。

■別のイケメン男性アナウンサーとも関係に……

 田中アナの『ABEMA的ニュースショー』での発言に、視聴者からは「自分はあなたが“不倫”して相手の男だけを公の場から外したことは忘れんで? みんな忘れたって思ってる?」「不倫してた立場で何をどう言ってるのかわからない」といったコメントもネットに寄せられている。

「不倫発覚後、加藤アナは責任を取ってスポーツ局の雑務を受け持つようになったと報じられていますが、今も変わらずアナウンス部とスポーツ局を兼務しています。ただ、アナウンサーとしての担当番組はないですね。また、プライベートでは妻と離婚。マンションも元妻側に引き渡すことになったといいます。まぁ、自業自得ではありますが……。

 ただ、それだけではありません。田中アナは加藤アナと並行してテレ朝の男性アナウンサーと“3股”していた、という話もありますからね」(前出の制作会社関係者)

 1人は、当時30代のイケメンアナウンサーで、報道番組や情報番組など幅広く活躍していた人物だという。

「その男性アナも当時から既婚者でしたから、不倫関係にあったことになります。もう1人は田中アナと年齢の近い独身のアナウンサーで、スポーツ番組などを中心に活躍しているイケメンです。田中アナ的には“先輩たちもいろいろやってるんだから私もいいでしょ”といったノリでかなり奔放に恋愛を楽しんでいたという話ですね……。

 ただ、加藤アナとはばっちり写真を撮られてしまったわけで、しかも共演者だったこともあり、テレ朝局内では大騒動に。同時に他の同僚アナウンサーとの関係も浮上し、かなりの大問題に発展したそうです。そして、一部のメディアもそのことを把握しているそうですよ……」(前同)

■“3股不倫”疑惑の田中萌アナが現場復帰できたワケ

 そんな田中アナだが、不倫騒動の約3か月後の2017年3月には爆笑問題がMCを務めた特番『バクモン学園 鬼教師・太田と委員長・田中と芸人30人の物語』で現場に復帰。後継番組の『バクモン学園!! 住んでみた。』の進行役を、番組終了まで務めた。

 また、2018年4月からはAbemaTV(当時)の新報道番組『AbemaMorning』のメインキャスターに就任。現在は『ABEMA Prime』と『ABEMA的ニュースショー』を担当している。

「2020年10月から昨年10月まで『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)の特集コーナーを担当するなど、地上波で見る機会も増えてきました。局内あれだけ騒ぎになった問題を起こしたにもかかわらず、今でもこれだけ活躍できているのは田中アナ自身がかなりの魅力の持ち主だからだ、ともっぱらです。

 というのも、田中アナは“テレ朝のドン”と言われる早河洋会長(78)と良い関係を築いているんです。会長の懐にスッと入っていって、今では一緒に焼肉に行くような仲にあるそうなんです。早河会長にも気に入られて、不倫報道後にも地上波にカムバックしている。

 そんな経緯があっての堂々の“結婚したくない”発言ですからね。当時の騒動を知る、また巻き込まれたテレ朝関係者からすれば“ふざけるな”といったところで、あらためて田中アナに対して怒りが巻き起こっていますよ」(前出の制作会社関係者)

 田中アナにとって、不倫騒動はもはや過去のもの?

関連リンク

  • 1/19 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます