顔面骨折からついに復帰…ナポリFWオシムヘン「戻ってこられて気分がいい」

拡大画像を見る

 ナポリのナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘンが復帰を喜び、自身のSNSでメッセージを発信した。

 オシムヘンは昨年11月21日に行われたセリエA第13節インテル戦で後半立ち上がりの50分に相手選手と衝突し頭部を負傷。試合後の検査で頬骨や眼窩底など複数箇所を骨折していると診断を受け11月23日に手術を実施した

 術後3カ月ほどでの復帰が見込まれていたが、経過が良好で、1月中にも復帰できる可能性が浮上。アフリカネーションズカップにもナイジェリア代表として参戦する予定だったが、休暇中に新型コロナウイルス感染が発覚し、代表を辞退していた。

 新型コロナウイルス陰性となったオシムヘンはナポリに戻り医師の診断を受けた結果、試合復帰に向けてGOサインを受け、12日にチームトレーニングを開始。17日に行われたセリエA第22節ボローニャ戦で71分に交代で投入されピッチに立った。

 試合も2-0で快勝し、オシムヘンの復帰を勝利で祝ったナポリ。オシムヘンも自身のSNSを通じ「戻ってこられて気分がいいよ。選手たちはソリッドなパフォーマンスだった。そして次へ。神は偉大だ」と復帰を喜んだ。

 ナポリはこれでリーグ戦2連勝。首位インテルを追う後半戦に、オシムヘンの復帰は追い風となりそうだ。

関連リンク

  • 1/18 21:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます