misono、話題の別居婚ブログで夫への不安吐露! 「貯金0円」「チャリティ」強調に疑問の声も

 歌手でタレントのmisonoが1月16日、夫・Nosukeと共同のブログ「別居婚NOW misono×Nosukeの交換日記」を更新。今後の夫婦関係について「『misonoが1人で2人分、稼ぎ続ける』のはさけたい」(原文ママ、以下同)などと不満げにつづった。

 Nosukeは16日、「60歳の美苑【#9】」というタイトルでブログを更新。misonoと彼女の母のツーショット写真を公開しながら、「61歳。還暦を超えても元気に目標に向かう姿が勇ましく、憧れの存在です」(原文ママ、以下同)と称賛。続けて「美苑ちゃんが60歳の時、何に挑戦してもらおうかな。今から悩みます。ちなみに僕が60歳になったら、有人ドローンのパイロットになりたい」と思いを馳せた。

 すると同日、misonoは「5歳下の真之介に質問【#9】」と題した記事の中で、「『現在32歳のNosuke』に質問したいのですが…」「30歳までに結果を残せなかったら『ドラムは仕事ではなく趣味にする』とmisonoに言ってくれていたNosukeですが」と発言。Nosukeは山田親太朗がボーカルを務めるロックバンド・HighsidEのドラムを務めているが、現在同バンドは事実上の活動休止状態にあり、Nosukeは個人でライブに出演。今年1月12日には、6人組ユニット「FAKE NEWS」の一員としてYouTuber活動を開始した。misonoはそんなNosukeの過去の発言を挙げ、「もしかしてだけど~♪ 40歳になっても変わらないつもりなんじゃないの~?」と、将来への不信感を吐露した。

 さらに、現在37歳のmisonoは、30歳以降は復興・子ども・動物を支援するためボランティアやチャリティ活動に注力しているとした上で、「misonoが40歳になっても今と変わらずに『misonoが1人で2人分、稼ぎ続ける』のはさけたい」とし、「Nosukeは多才なんだから! ドローンの資格を早くとって下さい! 2人して『貯金0円』なんだからさ(笑)」とドローン関連の民間資格を取るよう促している。

 misonoとNosukeは、2018年9月の結婚当初から「misonoがストレスでじん麻疹を発症する」との理由で別居。現在は、misonoが京都の実家、Nosukeが東京・町田市の実家で暮らしているといい、今月12日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演した際には、「離婚を前提に離れたりとかではない」「子作りをあきらめていないので、子どもができたら(状況は)変わるかもしれない」などと語っていた。

「ネット上では、今回のブログの内容に対し『これを公にすることで、夫がしっかりするといいね』『misonoちゃんには、幸せになってほしい』『稼がない旦那を養う妻は大変だね。misonoさん頑張れ』とエールの声がある一方で、『なんでこんなことブログに書くの?』『夫婦の台所事情を全世界に発信しなくても……』『大変だろうけど、これを発信された旦那はかわいそう』『もう暴露ネタしか話題ないの?』と疑問の声も上がっています」(芸能ライター)

 そんなNosukeは18年12月、「精巣がんによる胚細胞腫瘍」のため闘病中であることを公表。11月には、左睾丸摘出の手術を受けたことを明らかにした。

 加えてmisonoも、19年10月放送の『ノンストップ!』(フジテレビ)で自身がメニエール病であることを公表。一方、個人ブログでは、たびたび“30歳以降のメインの活動”としてチャリティに注力していると語っており、今月17日の投稿でも「動物達の為にも動きたくて打ち合わせ三昧です!」「動物に寄付する為だけに作りました!」とキーホルダーとエコバッグのプロデュースを手がけたことを発表した。

 また、YouTubeチャンネル「misono ch」でも、このチャリティ活動について報告。今月16日には、大塚愛の楽曲「ネコに風船」の“歌ってみた”動画を公開し、グッズの売上を「動物達に寄付します」と告知している。

「チャンネル登録者数12.1万人を誇る同チャンネルは(18日現在、以下同)、20年1月に公開された動画に島田紳助が登場したことで注目され、同動画は現在682万回再生を突破しています。なお、引退から約9年も表舞台から遠ざかっていた紳助が同チャンネルに出演した理由は、misonoが夫の闘病などで経済的に困窮していることを知ったためで、『俺もなんかせなアカンわ』『じゃあYouTube撮ろうや』とmisonoに提案したとか。そんな話が世間にも広まっているため、一部ネット上では『misonoちゃんがチャリティ活動をやりたいのは素晴らしいけど、“貯金0円”を愚痴ったり、ファンを心配させるくらいなら、寄付は経済的に余裕ができてからでいいのでは?』と冷静な意見も見られます」(同)

 16日付の個人ブログでは、「記者の方々が勝手にネットニュースにして下さっているおかげで(笑) 部門ランキングで1位を維持できていたりするので感謝でしかないです…」と「別居婚NOW misono×Nosukeの交換日記」への反響を喜んでいたmisono。今後も家庭円満が続くといいのだが……。

  • 1/18 16:28
  • サイゾーウーマン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます