コロナで『白鳥の湖』が中止に ステージ上で呆然とするダンサーの姿に涙

拡大画像を見る

2022年1月18日、政府は新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の感染が拡大している13都県に対し、『まん延防止等重点措置』を適用する方針を固めました。

これにより、イベントの開催は人数制限などが要請されます。場合によっては、イベントの開催自体を中止する主催者もいるでしょう。

海外でも、コロナウイルスの脅威は未だ衰えていません。

コロナで公演中止になり…

スウェーデン王立バレエ団に所属する、佐々晴香(@hrksssa)さんがTwitterに投稿した、1枚の写真が話題です。

佐々さんは、バレエ団の中でも最高位のダンサーである『プリンシパル』を務めています。

バレエ作品の中でも有名な『白鳥の湖』を公演中だった、佐々さん。

しかし、コロナウイルスの感染拡大防止のため、残りの公演はすべて中止となってしまったそうです。

その悲しさが伝わってくる写真がこちら。

ダンサー2人の落胆が伝わってくる1枚。

2人の姿からは、これまでの苦労や、公演に対する熱意、観客への想いなど、さまざまな気持ちが感じられますね。

ステージの上で悔しそうにする2人の姿に、多くの人が胸を打たれました。

・言葉にできないつらさがにじんでいる。

・とても残念な気持ちが伝わる。でも、悔しそうな姿すらも美しい。

・こんなに気持ちが伝わってくる、美しくも悲しい1枚があっただろうか。

・ダンサーには、『今だからこそできる表現』というものがある。とても悔しいだろうな…。

無念な想いが伝わってくる2人の姿を見ていると「一体いつまで、こんな日々が続くのか」と、怒りすら湧いてきます。

1日でも早くコロナウイルスが収束することを祈るばかりです。

[文・構成/grape編集部]

出典 @hrksssa

関連リンク

  • 1/18 19:17
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます