元メジャーリーガーの「神対応」に感激!「夜中なのに大声出ました」 ツイッターで…

拡大画像を見る

新たな”いい人伝説”が誕生!? 昨シーズンまでオリックス・バファローズでプレーしていた「AJ」ことアダム・ジョーンズ外野手(以下AJ)のTwitter上での行動が先日、野球ファンの話題となった。

事の発端は、13日に放送されたバラエティー番組『アメトーーク!』。テーマは「オリックス・バファローズ芸人」で、25年ぶりにリーグ優勝を果たしたバファローズを愛する芸人たちがチームの魅力を語った。その中で出演者の東野幸治が「めっちゃいい奴」として取り上げたのがAJだった。

番組ではメジャー通算282本塁打のバリバリのメジャーリーガーながら、日本では華々しい活躍のできなかったAJだったが、ふてくさることなく、若手選手が担うのが一般的なイニング間のボール回しに自ら参加するなどのいい人エピソードが取り上げられた。中でも面白かったのが「スイングジャッジ」にまつわるシーンだ。バッターとすれば不利になる可能性もあるため、通常は球審かキャッチャーが一塁塁審にジャッジを求めるのだが、AJが自ら率先して一塁塁審にジャッジを求める姿が話題となった。

この印象的な「スイングジャッジ」のシーンのイラストを、日本のイラストレーターりおたさんが放送直後にTwitterで公開すると、なんとAJ本人が反応。りおたさんの投稿をリツイートするとともに、「#NewProfilePic」とツイートし、自身のTwitterのプロフィール画像に使用したのだ。この”神対応”に、オリックスファンから「ジョーンズなんて愛しいんだ」「AJまじでいい人なんだなあ」などの声が寄せられた。

AJのイラストを描いたりおたさんは、山口県在住のイラストレーターで、雑誌「サッカーダイジェスト」「週刊朝日」での連載や、湘南ベルマーレの公式LINEスタンプなどスポーツにまつわるさまざまなイラストを手がけてきた。筆者は、りおたさんにコンタクトを取り、今回のAJのいい人ぶりについて話を聞いた。(取材・文:徳重龍徳)

ーー今回、AJのイラストを描いたきっかけを教えてください。

『アメトーーク!』のオリックス・バファローズ芸人にて愛すべきスーパースター、アダム・ジョーンズが紹介されている中で、「スイングジャッジ」を塁審に求める動きのクセが目に入り「あんな偉大な元メジャーリーガーなのになんて可愛らしいんだ」と心をつかまれました。あの指差しジェスチャーを見た瞬間、気付いたらスケッチブックにペンが走り出してました。

ーーAJはりおたさんの投稿をリツイートしただけでなく、プロフィール画像にも使用しました。この対応にはかなり驚かされたのではないですか?

『アメトーーク!』の登場シーンは番組終盤だったので、放送終了してから15分後くらいにTwitterにアップしました。AJはすごく良い人そうなので、メンションをつけてみたら気付いてくれるかなあと淡い期待を抱いていたんですが、AJが「#NewProfilePic」の文字と共に僕がついさっき描いたイラストをTwitterにアップしていました。最初は意味が分からず混乱して、夜中なのに思わず大きな声が出ました。

AJといえば、今でこそオリックス・バファローズを縁の下で支えたナイスガイなレジェンドな助っ人ですが、私の中では、WBCでのスーパーキャッチ(注:2017年のWBC、ドミニカ共和国戦でホームランになりそうだった打球をジャンプしキャッチしたスーパープレー)であったり、メジャーリーグでバリバリ活躍していて、日本にやって来たのがビックリするくらいのスーパースターです。そんなAJが、自分の描いたイラストを使ってくれてまるで夢のようでした。

AJに画像を紹介され喜ぶりおたさんのツイート(Twitterから)

ーーりおたさんのイラストがAJのプロフィールに使われたことで、反響などはありましたか。画像に使用されましたが、その後の反響はいかがですか。

長い間、イラストレーターの仕事をしていますが、ここまで大きな反響をいただけることはなかったので、改めてAJの存在の偉大さと良い人ぶりに感謝しています。今回の取材も嬉しい反響のひとつです。

まだスマホの通知が鳴り止まなくて大変ですが、嬉しいお言葉をいただいたり、AJに対する愛はみんな同じなんだなと共感しきりな言葉が多く、読んでて幸せになります。

ーー今回のように、選手の方からイラストに反応してもらえるということはこれまでありましたか。

選手に反応していただいたことは何度かあります。野球だと代表的な選手で言うと前田健太投手、新庄剛志監督、山﨑康晃投手、秋吉亮投手、及川雅貴投手、斉藤和巳さん、GG佐藤さんです。SNSの痕跡には残ったかどうか基準で名前を並べたので、挙げてない選手もたくさんいます。

特に前田健太投手にはたびたびお世話になっています。前田投手がインスタで応募されていたチームメイトのアストゥディーヨ選手のTシャツのイラスト募集に応募したところ採用していただけて、前田投手が大谷翔平選手とのツーショットでもそのTシャツを着ていたことで話題になりました。それ以降も前田投手には仕事の依頼をいただいたり、たびたびサイン入りのグッズを送っていただいています。本当に前田投手さんは良い方です(涙)。

今回のAJもそうですが、憧れのスターを描いた絵が、ご本人に喜んでもらえる幸せは何度感じても飽きることはありませんね。

ーーお忙しい中取材ありがとうございました!

【りおた プロフィール】

1990年生まれ。山口県在住。主にスポーツイラストレーターとして似顔絵のみならず様々なイラストやデザインの制作で活躍する作家。独特のイラスト・似顔絵・デザインセンスで雑誌・Web媒体での連載やプロスポーツチームの公式グッズ・広告物など全国的に手がけるなどそのイラストは多くのファンから認知されている。2018年から2020年までダルビッシュ有投手のミュージアムもある「ダルビッシュコート」で個展も開いている。

公式ウェブサイト(https://www.riota-illust.com/)

関連リンク

  • 1/18 16:42
  • キャリコネ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます