ヒロシ“50歳でスパッと引退”計画も「ぬるっと仕事」 本心は「もう休みたい」

拡大画像を見る

発表会のMCを務めたのは、ヒロシとキャンプ仲間のウエストランド・河本太と相方の井口浩之。「今年の抱負を漢字一文字で」とリクエストされるとヒロシは「休」と書いたフリップを披露した。「2、3年前から掲げている目標なんだけどもう休みたいのよ、俺。忙しい」と嘆き、「今年こそは休みを増やして大好きなキャンプに行ったりしたいな」と希望した。

収入に関しては「仕事をしているからお金は入ってきています。落ち目になったと言われたときよりは当然上向きですよね。ただこんなに必要かというぐらい去年とかその前は稼いだ。しばらく休みたいと思っている」と告白。仕事を休んでも当面経済的には問題ないようだ。

さらに「休」に横棒を1本入れると「体」になると言い「体が資本だからね」とも口にしたが、今月23日に50歳という節目の誕生日を迎えるため「いろいろ考えるんですよ、このままでいいのかって」とヒロシ。「50歳で仕事を辞めると思っていたんですけど、こうやってぬるっとやってますもんね。今年もたぶんぬるっと仕事をやっていくんだなと思って、ぬるっと忙しいんだなと思って。結局こうやってぬるっと死んでいくのかなと覚悟してますね」と心境を明かした。「本当は50歳でスパッと辞めて自分の好きなように、キャンプばかりやったり、南の島に土地買って畑作ったりというのに憧れているんですけど、なかなかそこに行かないですね」と計画通りには進まないという。

「わがままと思われるかもしれないけど、好きに生きたいんですよ。自分の好きなことをやりたい」というヒロシは、所属芸能事務所の有限会社ヒロシ・コーポレーションの代表でもある。事務所を立ち上げたきっかけは「自分がやりたいようにやりたい」という願望だったそうだ。

そんな起業経験のあるヒロシがCMに出演する。個人事業主・中小企業向けに会計や給与計算などのサービス提供する「freee」が19日に創刊する新雑誌『起業時代』のCMだ。「ふつうの人がフツーに起業できる時代、はじまる」をテーマにした雑誌で、ヒロシは同日から関東エリアで放映される「はじまりの海篇」と「心の檻篇」に出演する。

ウエストランド河本から「めちゃめちゃカッコよかったですよ」と大絶賛されると、「ホントに?」と喜んだヒロシ。演技については「監督さんの言うことを忠実に」を心がけたそうだが、「黒髪にすると年齢相応だね」と感想を漏らした。そして起業について聞かれると「僕が言える立場じゃないんだけど、やりたきゃやれば? 僕はそういうスタンスにしている」とアドバイスした。

(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)

関連リンク

  • 1/18 15:05
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • tanarky

    1/18 17:35

    おれももう引退したい

記事の無断転載を禁じます