アンジャッシュ児嶋「何でも言っていいと思ってんのかな?」有吉弘行にガチギレツイート!YouTubeイジリに「ガマンの限界」だった理由

拡大画像を見る

 1月16日に、アンジャッシュの児嶋一哉(49)がツイッターを更新。自身のYouTubeチャンネル『児嶋だよ!』の内容をラジオでネタにした有吉弘行(47)について、苦言を呈した。

 有吉は同日にラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(※以下サンドリ=JFN)でYouTubeの話をしていたのだが、

「マジで児嶋さんとかみたいなさ、クソみたいなYouTubeでもさ、凄いけっこう儲けてるんでしょ? 俺らからしたら何を“地雷メイクやってみた”“はぁ?”みたいな」「恥ずかしくないのかなって」

 と、児嶋が過去に投稿していた動画について、いつものように毒舌を披露。

 実際はこの後に、

「恥ずかしくないのかなって。でも、それはさ、YouTube見てる人たちはさ“ああ、児嶋もやってんだ。見てみるか”って。いい方向に行ってるわけでしょ。だから、なんでもいいんだなぁって」

 とフォローを入れていたのだが、児嶋には思うところがあったのか、自身のツイッターに、

《有吉クソみたいなYouTubeって言ったの?

スタッフと頑張ってやってるんだけど、、何でも言っていいと思ってんのかな?》

 と、真剣なトーンでのコメントを投稿。

「有吉が児嶋をイジるのは、今に始まったことではありません。YouTubeチャンネル『児嶋だよ!』についても、開設が相方の渡部建(49)の不祥事が発覚直後の時期になってしまったため、それにちなんだ“口撃”をしていましたね。

 ちなみに、開設の時期については本当は5月に企画が動き、6月中旬に投稿するはずが渡部の騒動が原因でズレて7月スタートになったことを、20年7月3日の初投稿動画で説明していました」(女性誌記者)

■イジりは今に始まったことではないが…

 20年6月28日放送の『サンドリ』で有吉は児嶋について、

「このタイミングだと思ったんだろうなぁ(笑)。頭悪いな、本当に。『静かにしてろ、お前』って」「一人でやることも増えるし。何を言うか注目されるってあさましいね」「どうしょうもねぇなって思いますね。こういうときに、どういう動きを見せるかで、人間の器みたいなモノが見えてきますから。案の定、児嶋っていうのは人間のクズみたいな」

 と言いたい放題だった。

「アンジャッシュと有吉は若手時代からの付き合いで、今回の一件も愛のあるイジリだとは思いますが、児嶋は“予定の1時間前には楽屋入り”に代表されるように、以前から根が生真面目な性格で知られています。自分のことはともかくスタッフのことまで悪く言われたと感じて、頭に来たのかもしれませんね。

 くわえて児嶋は大の愛妻家としても知られ、今回の動画には妻も登場していたのも大きいと思います」(前出の女性誌記者)

 有吉と児嶋の関係性を知るファンも多く、今回の件について児嶋のツイートには、

《ガチトーンはお互い損するだけですよ(汗)ネタ振りであって欲しいです、児嶋さんのも》《いじりだとしても、言われて嫌な気持ちになることってありますよね。呟きたくなる気持ちわかります。》《児嶋さん本人が耳にしたワケではなく、人から入ってきた話ですよね?まずはツイートするのではなく、ご自分の耳と目で確認した方が良いのでは?》

 と、児嶋と有吉、双方をフォローする声が多く見られた。《クソみたいなYouTubeって言ったの?》という言い回しから、直接ラジオを聞いたほうがいい、とするアドバイスもあった。

 毒舌・有吉と生真面目・児嶋。渡部がいれば、間を取り持ってくれたかも?

関連リンク

  • 1/18 10:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます