東出昌大、所属プロ“三行半クビ”独立の裏で…杏、事務所女社長だけじゃない!「ゲス不倫」“5歳児”に傷つけられた「8人の女」!!

拡大画像を見る

 俳優の東出昌大(33)が1月31日をもって所属事務所を退所すると1月17日付の『Smart Flash』が報じ、波紋を広げている。

 記事によると、東出は周囲に独立すると公言しているものの、実際のところは事実上の“クビ”だという。

 東出は2020年1月発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、女優の唐田えりか(24)との3年にわたる不倫が報じられ、同年7月に杏(35)との離婚を発表。2021年10月の同誌にはアメリカ人の父と日本人の母を持つ20代の新恋人の存在が報じられた。

「同時に、その新恋人・Aさんを映画のロケで滞在していた広島県呉市のホテルに呼び寄せて3連泊させていたことも明らかになりました。

 ロケ先のホテルに部外者の恋人を呼び寄せるというのは、非常識極まりない行為です。なぜならコロナ禍ですからね。これには所属事務所も大激怒していたといいます」(芸能プロ関係者)

 当時、東出の所属事務所は『週刊文春』の問い合わせに対し、「ロケ先でのことが事実だとすれば、現在の東出の状況を考えるとまことに不見識な行動であると言わざるを得ません。東出に関しては事実確認を重ねて、今後の対応を考えてまいります」と厳しいコメントを出していた。

「東出さんがこれ以上バッシングを受けないよう、対外的に“事務所も東出の行為には怒り心頭です”というポーズだったのでは、とも一部でささやかれていました。しかし、そんなことは全然なく、特に事務所の女性社長は、本当に東出の行為に相当な怒りを感じていたといいますね」(前同)

■事務所も「東出退所」を否定することはなく……

『Smart Flash』によると、これまで東出をフォローしてきた事務所サイドも堪忍袋の緒が切れて、三行半を突きつけたという。退所後、東出はマネージャーをつけることなくすべて1人で仕事を請け負っていくようだ。

 記者の問い合わせに対して、東出の所属事務所は「現状お話しできることはございません」と回答している。

 東出の退所報道には、「あれだけのスキャンダルを庇ってくれた事務所なのになぁ……」「しっかりした事務所なのにね。これまでもどれだけ助けられてきたか。泥を被ってフォローしてきたのにこのザマだからね」「東出昌大ってロケに彼女泊まらせたとかなんも反省してないんだなあ 少しは学んだ方がいいよ、自分の立ち位置と状況とか」といったコメントが寄せられている。

 唐田との不倫報道で、東出が当時出演していた4本のCM契約は打ち切りとなり、その違約金は2億円という報道もあった。

「事務所は東出さんに温情をかけて、その違約金を肩代わりしていたわけです。その他にも不倫報道後、事務所の女性社長を中心にさまざまな面で東出さんをフォローしてきた。しかし、その女性社長ですら匙を投げたということですよね……。

 1月18日発売の『FLASH』(光文社)にはさらに詳しい内幕が掲載されていますが、東出さんの振る舞いは事務所を裏切るようなものとも言えます。女性社長も東出さんの被害者であることは間違いないでしょう。ただ、事務所の社長だけではありません。東出さんはあまりにも多くの女性を傷つけてきましたよね。その筆頭は当然ながら、妻だった杏さんですよね」(ワイドショー関係者)

■「養育費1万円」報道でさらなるバッシング

 不倫報道前は“イクメンパパ”として好感度が高かった東出だが、実はかなりの亭主関白で、まったくと言っていいほど育児や家事をやっていなかったことも明らかになった。

「杏さんの妊娠中に唐田さんと不倫関係にあったわけですが、さらに、帰宅したときに温かい料理が用意されていないと、怒って外に飲みに出てしまっていた、と当時の『週刊文春』は報じていました。また、3人の子どもに対し、東出さんが提示した養育費が“1人につき月1万円”という驚きの報道もありましたよね。

 また、東出さんの“被害者”といえば、自業自得かもしれませんが唐田さんもその1人だと言えるかもしれません」(前出のワイドショー関係者)

 2018年公開の映画『寝ても覚めても』での共演をきっかけに、不倫関係に発展した東出と唐田。その撮影時、東出は唐田に「現場のミューズだ」などと優しい言葉をかけ、クランクアップ後には「あなたで本当によかった」というメッセージを送っていたという。

「唐田さんは当時10代。不倫は言語道断ですが、第一線で活躍するイケメン俳優の東出さんにそんな甘い言葉をかけられたら恋に落ちてしまうというのも仕方がないとも言えそうです」(前同)

 不倫報道後、唐田は事実上の活動休止状態に。2021年9月に短編映画『something in the air』に主演し、約1年半ぶりに女優業に復帰。同年11月の『NEWSポストセブン』が、2022年公開予定の映画『死体の人』に出演するとも報じた。

「ただ、まだまだ完全復帰にはほど遠い。いまだに唐田さんの記事が出ると、バッシングの声が多数上がってしまいますからね。それは、東出さんとの交際をSNSなどで“匂わせ”ていた唐田さんにも原因があるのでしょうが、そんな状態ですから新規の仕事もなかなか来ないというのが現状でしょうね」(同)

■門脇麦、本田翼、真木よう子も“東出不倫”のとばっちり……

 1月14日に封切りされたばかりの映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』で東出と共演している長澤まさみ(34)も、東出の被害を被った1人だろう。

『コンフィデンスマンJP』は、2019年公開の劇場版1作目が興行収入29億7000万円、2020年公開の2作目『プリンセス編』が38億4000万円と大ヒットを記録。3作目の『英雄編』も「全国映画動員ランキング」で初登場1位と好スタートを切った。

「ただ、東出さんの不倫がなければ映画はさらに大ヒットしていた可能性もある。“東出さんが出ているから見たくない”という人も少なくないですからね。また、今回の映画の宣伝では長澤さんサイドが東出さんと2人で稼働することに“NG”を出していたと言われています。

 長澤さんが東出さんを嫌っているわけではないでしょうが、彼女のイメージ戦略から不倫のイメージが根強く残る東出さんとのツーショットをNGにしたのではないでしょうか。東出さんの不倫がなければ、番宣ももっと積極的にでき、映画はさらなる盛り上がりを見せたかもしれません」(前出のワイドショー関係者)

 東出と同じ事務所に所属する門脇麦(29)も、ゲス不倫のとばっちりを受けてしまった。

 2020年2月の『女性自身』(光文社)では、東出の事務所はなんとか新規の仕事を得ようと、舞台関係に売り込みをかけていたと報じていた。また、その際に「同じ事務所の門脇を一緒に出しますから!」といった交渉をしていたという。

「話題のNetflix映画『浅草キッド』での好演も光る門脇さんですが、東出さんを売り込むための“身代わり”にされていたということですよね。当時、門脇さんはNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演し、その演技も高く評価されていた。そんな女優を“バーター”にしようとしていたわけです」(前同)

 不倫を最初に報じた2020年1月の『週刊文春』(文藝春秋)では、東出が2014年公開の映画『アオハライド』で共演した本田翼(29)を口説いたり、2015年のドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)で共演した真木よう子(39)とも親密な関係にあったとも報じていた。

「完全なとばっちりですよね。2人とも東出さんと何かあったわけではないでしょうが、ただ口説かれていた、親密な関係にあった、というだけで『週刊文春』に名前が出てしまったわけですからね」(同)

■「究極の二択」で“元ライバー新恋人”とは破局!?

 新恋人のAさんも、東出に広島まで呼び出されて騒動の当事者になってしまった。

「あんなことがなければ、東出さんが事務所を退所するという報道が出たりしなかったはずです。さらにネットを中心にAさんを特定しようという動きもありました」(前出のワイドショー関係者)

 前出の『週刊文春』によると、Aさんは滝沢カレン似の美女で、東京・丸の内でOLをしているという。また、その美貌を生かし、あるライブ配信アプリで「ライバー(=ライブ配信者)」として活動していたこともあり、インフルエンサー系の事務所にも所属していたとされる。

「2021年5月頃、東出さんの猛アピールから交際に発展。翌月には東出さんの要望でAさんは彼の近所に引っ越し、以降は毎日のように会っていたようです。広島まで呼び寄せるという入れ込みようなどもあり、Aさんは東出を“5歳上なのにまるで5歳児”と周囲に話していたと『週刊文春』では伝えていました」(前同)

 ワイドショー関係者は続ける。

「そのAさんとはすでに破局したとも言われています。というのも、事務所が東出さんに“新恋人と別れるか、芸能界を引退するか”という二択を迫ったそうなんです。ただ、事務所を退所するということは、交際はこっそり続いているのかもしれませんね……。

 今回のことは、仕事には真面目だけど、私生活ではあまりに奔放で身勝手な行動が多い、“まるで5歳児”の東出さん、事務所サイドはこれ以上フォローすることはできないと考え、三行半を突きつけたということなのかもしれませんね」

 東出は事務所を独立し、たった1人で芸能活動を続けていくのだろうか――。

関連リンク

  • 1/18 7:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます