ピアース・モーガン、警察保護要求のヘンリー王子を猛批判「恥知らずの偽善者」「女王の人生を困難にして喜んでいる」

拡大画像を見る

英ITVの人気番組『Good Morning Britain』の元司会者ピアース・モーガンの執筆したコラムが、現地時間16日に英メディア『The Sun』に掲載された。

モーガンは同番組でヘンリー王子とメーガン妃をたびたび批判していたが、昨年3月には「メーガン妃の発言は全く信じない」と言ったことで苦情が殺到し、番組を突如降板した。

そんなモーガンが再びヘンリー王子を標的にし、「恥知らずで、妄想癖のある偽善者だ」と激しい非難を浴びせたのである。

王子は先日、英国での警察保護を解除した内務省に向けて手紙を書き、英国滞在中に警備を提供しない場合には法的措置を取ると示唆していたことが明らかになった。

これに対しモーガンは「ヘンリー王子は、95歳の祖母の人生をより困難にすることに喜びを感じているようだ」と現在休養中のエリザベス女王を擁護した。

そして「小心者の王子が、法的措置を取ると脅している。彼がこうしなかったことがあるか? 内務省が折れて、アメリカに逃げる前に楽しんでいた王室警備を取り戻さない限りは止めないだろう」と猛批判した。

現地時間13日には、エリザベス女王の第3子アンドルー王子が過去の未成年者への性的暴行疑惑で提訴されたことを受け、軍籍などを女王に返還したと発表されたばかりだ。

モーガンはこの件について「女王がカリフォルニアの邸宅から泣き言を言ってくる反逆的な孫を最も必要としない時、ヘンリーはまさにそれをやってのける。うんざりするほど避けられないことだ」と述べ、こう続けた。

「もし彼がこの脅迫を実行すれば、彼は女王陛下の政府を訴えた初めての王族となる。そしてもちろん、最悪のタイミングで女王に別の大きな頭痛の種をもたらすことになるだろう。」

さらに「英国を離れて以来、ヘンリーとメーガンは王室の地位を無慈悲に利用し、出来るだけ早く金を稼ぐことだけに関心があるということが証明された」と加えた。

そしてヘンリー王子夫妻が多くのチャリティイベントに参加していることに「笑わせるほど偽善的なやり方だ」と述べ、「環境問題について説きながら、いまだにプライベート機をタクシーのように使い続けているんだ」と容赦なく斬り捨てた。

画像は『Piers Morgan 2021年9月16日付Instagram「Is it going back to work day?」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

関連リンク

  • 1/18 2:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます