松坂大輔に「リベンジ」言わせたロッテOBが感じた“引退会見の思いやり”

拡大画像を見る

 日米通算170勝、「平成の怪物」と呼ばれ、昨シーズン限りで引退した元プロ野球選手・松坂大輔氏。23年間のプロ野球人生だったが、振り返れば、プロ初先発で選球眼の優れた日本ハムの片岡篤史氏から三振を奪い、豪快によろけさせたシーンや、ルーキーイヤーでオリックスのイチロー氏と対戦して、3打席連続三振とほぼ完璧に抑え、「プロでやれる自信から確信に変わりました」というヒーローインタビューでの名言がファンの心によみがえる。

 昨年10月19日の引退会見で、「この23年間で印象に残っている試合」を問われ、「(前略)この人、この試合、この1球と、決めるのは難しいですね。(中略)記憶に残るものって、人それぞれ違うので、何かをきっかけに松坂があんなボール投げてたな、あんな対戦してたな、あんなゲームあったなって、思い出してくれたらいいかなと思います」と松坂氏は答えている。

 そんな松坂氏のコメントについて、ロッテ一筋で1998年に最多勝利、最高勝率のタイトルにも輝いた元プロ野球選手・黒木知宏氏が、YouTubeチャンネル〈野球いっかん!〉の、1月5日付け投稿回に出演した際にこう話している。

「必ず選手って(印象に残る試合が)あるんですよ。例えばイチロー選手との最初の対戦だったりとか、ボストンでチャンピオンになったりとか…」

 しかし、黒木氏によれば、それを言ってしまうとその試合だけが注目を浴び、他の携わっている人たちを蔑ろにする可能性もあるため、松坂氏の配慮ではなかったかと、同じく投手出身らしい見解を示したのだった。

 松坂氏と黒木氏と言えば、松坂氏のルーキーイヤーに対戦し、黒木氏に敗れ「リベンジします」と松坂氏が宣言。次の対戦では有言実行とばかりに松坂氏がプロ初完封を記録している。

 さて、あなたの記憶に残る松坂氏のベストピッチは…?

(ユーチューブライター・所ひで)

関連リンク

  • 1/17 9:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます