菅田将暉「奥さんと行ったら買えない」!芸能人ならではの買い物の悩みを告白

拡大画像を見る

 1月12日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)で、菅田将暉(28)がついついやめられないというネットショッピング事情を明かした。今回は菅田の他にも、Creepy NutsのDJ松永(31)、若槻千夏(37)、3時のヒロインのゆめっち(27)ら「ネットショッピング大好き芸能人」が登場し、ネットショッピングにまつわる悩みを告白した。

 オープニングで明石家さんま(66)が、以前菅田から自作のジャンパーをプレゼントしてもらったが、サイズが合わず、今回改めてプレゼントしてもらったと明かし、さんまは「結婚すると人ってなんかちゃんとするな」と、2021年11月15日に小松菜奈(25)と結婚したことをに触れ、感心していた。

 菅田はネットショッピングについて聞かれると「しますね。特に僕は古着が好きなので、古着の普段なかなかないものとかを、ネットで」「家で奥さんが“旦那さんの着ない物です”つって出品してるものがすごいレアなやつだったりとかがいっぱいあるので、お店で買うよりも安く良いものが探せるんですよ」と力説。

■ネットショッピングをするのは人目も気になるから

 また菅田は、ネットショッピングをやめられない理由として「これ色違い2個欲しいな、みたいなときに、やっぱお店だと人目もあるし、なんか“菅田、大人買いしてったな”みたいに言われるのも嫌だし」といい、「だったらその場では買わずに、家で2個買おうみたいな」と、芸能人ならではの苦労を語った。

 これにさんまが、「でももう結婚したし、奥さんと行けるやんかショッピング。堂々と」と言うと、菅田は「いや、奥さんと行ったら、より2個買えなくないですか?」と返したが、さんまは「え、なんで? 違う女に渡すのか?」とイジり、菅田から「いや、ちゃうちゃうちゃう」「全部それ(女)か、頭」とツッコまれていた。

 菅田は結婚後、いろいろな番組で結婚生活について語っている。1月2日には『さんまのまんま新春SP』(フジテレビ系)に出演、さんまから「2人で買い物とか行けるの楽しいやろ」と聞かれた菅田は、「近所の定食屋さんとか、カツ丼屋さんに2人で普通に行ったときは感動しましたね」と語り、「途中公園とか通ったときに、奥様方が“結婚されたもんね”って噂してるのが聞こえてくる」と照れていた。

 小松とのショッピングでは大人買いできない菅田、新婚らしい初々しいエピソードだった。

関連リンク

  • 1/16 17:30
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます