松本潤、嵐の活動再開に「確約はない」、4人だけでそろうことも「もうない」!中居正広を相手にガチ本音「衝撃発言」

拡大画像を見る

 1月14日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)の新春2時間SPに登場した嵐の松本潤(38)が、嵐の“活動休止”の真相について中居正広(49)に語った。松本は同番組の年末スペシャルにも登場、今回はそこで放送しきれなかったトークを集めた「後編」が放送された。

 番組では街の人からの松本への疑問を調査、その中で「長い芸歴で1番苦しかったときは?」という質問があったが、松本は「正直、本当にない」と即答。中居が「この山辛いなぁとか、これ乗り越えられんのかなとか」「時間的にも身体的にも?」と重ねて聞くと、松本は「体力的に大変だったのは2020年ですかね」と活動休止前の1年を挙げ、休止前に「自分たちがやりたいことをなるべく叶えよう」と、事務所など周囲との打ち合わせが多かったと告白。当初海外でのライブも予定していたため、海外との時差に合わせ早朝からのミーティングなどもあり、「体力的に大変だった」と続けた。

 松本は「あとはやりたくてもコロナでできなくなって、自分たちが企画してたものが崩れちゃって作り直して、作り直したものもまた崩れてとか」「そういうこともあったので、そういう意味での精神衛生面と、作って壊して作って壊しての体力的なところとで、一時しんどいときがあった」と振り返った。

 ちょうど活動休止前の1年にコロナ渦が重なってしまい、嵐がやろうとしていたことができなかったことに対し、中居が「うまくいかないね」「こんなことがあんのかなって」と言うと、松本は制約のある中でやりきったという気持ちもある反面、「だから満足っちゃ満足なのかもしれないけど、満足できてない部分がすごくあると思いますね」とコメント。

 中居が「2020年の1年間っていうのは、相当(スケジュールが)決まってたと思うのよ」「なんかね、神様、ここ嵐に試練与えるんだ、みたいな」としみじみつぶやき、「このタイミングじゃん。20年いっぱいっていう」「ここってなんか、なんだろう。まあ、まだ未来に宿題を残すんだって、なんか俺は勝手な解釈なんだけども」と、持論を展開した。

 さらに街の人からは、嵐休止後「何をしていたのか」、メンバーとの交流はあったのかという質問もあり、中居が「活動休止ってことは再開もあるんだよね?」と確認。松本は、「うん、可能性としては」「いつってことは明言してないので、できる環境が整ったらする。でも、できるとも……ちょっとドライな言い方かもしれないですけど、確約はないという状態ですかね」と現状について説明した。

■嵐「解散」の選択肢もあった

 中居が「活動休止んときに、ん、これ聞いていいのかな。解散っていうのはなかったの?」と聞くと、松本はためらうことなく「ありました」と答え、「最初、大野が抜けると。抜けたい、自分は抜けて脱退して、お仕事自体を辞めたいと」「嵐を辞めたいとかじゃなくて仕事自体を辞めたい」と、大野智(41)の決意を振り返り、「グループを4人で続けるというのは、僕らの感覚的にないグループなので、だったらまあ終わりかなっていうふうに思っていて」と、当時のメンバーたちの考えも告白。

 話し合いが重ねられていく中で、「活動休止」という選択肢が出てきたが、松本は「大野は、それすらも自分が言い出した側の人間なので、その感覚がなくて」と、自身の決断によってメンバーを巻き込んでいることに責任を感じていた大野は、当初「活動休止」は“甘え”だと思っていたようだが、周囲からの提案でメンバーがいいと思うならと「活動休止」を選択するに至ったと語った。

 2021年、嵐のライブ映画『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』の先行上映が、嵐のCDデビュー記念日である11月3日に行われた際、大野を除くメンバー4人がサプライズ登場。大野からの手紙を櫻井翔(39)が読み上げる場面もあった。

 それについて中居が「俺、不思議だったのが、このあいだ4人で出たの?」聞くと、松本は「不思議でした?」「不思議ですよね。いろいろあったんですけどね」と意味深な笑みを浮かべた。

 松本は、メンバー4人が登場したことで、嵐の再開に期待を持つ人も「5人そろった姿が見たい」と思う人もいたと語り、「嵐が5人で活動していたときに撮った映画の公開のタイミングだったんで、これを逃すとそんな機会もないというふうに思っていたのもあるし」「5人の中ですごくネガがある人がいるなら、これはやんないほうがいいというふうにも思っていたんで、公開する前に5人で久々に集まろうかって」と、メンバー5人で話し合って「リーダーも“手紙、せっかくだから書くよ”ってなって」と、登壇を決めた経緯を説明。

 松本は「喜んでもらえるのかなぁ、どうかなぁっていうのは、自分たちの中でも葛藤はあった」と明かし、「次は5人にならない限りはもうないんじゃないですかね。4人でそろうのも」と今後について語った。

 櫻井、二宮和也(38)、相葉雅紀(39)らはバラエティ番組などで、嵐の活動休止や、その後のメンバーとの交流について語る場面は多かったが、しばらくテレビ出演のなかった松本からあらためて語られた真実に、視聴者からは「信じて待ってる」「どんな形になっても5人が元気で幸せでいてくれることを願ってます」「どういう形になろうと信じてついてこう」「ファンへの誠実さを感じた」「5人を大事にしてくれてうれしい」など、さまざまなコメントが上がっていた。

関連リンク

  • 1/16 17:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます