生歌で放送事故も?小島瑠璃子「中国で歌手活動したい」発言に怒涛の辛辣意見

拡大画像を見る

 タレントの小島瑠璃子が1月8日に放送されたラジオ番組「さまぁ~ず 三村マサカズと小島瑠璃子のみむこじラジオ!」(ニッポン放送)に出演。無謀とも思える野望を明かした。

 番組では新年1発目の放送とあって、パーソナリティの小島と、さまぁ~ずの三村マサカズはそれぞれ新年の目標を発表することに。小島は「難しいなぁ~」と悩んだ様子を見せながらも、「私、小島瑠璃子、数年後、中国で仕事が出来る土台を作ります」と宣言。具体的には中国語を覚えたいということだが、中国でしたい仕事もざっくりと決まっているようで「私、歌手活動をやっぱりあきらめきれていないんですよ。自分の人生の中で。歌手になりたいんですよ、やっぱり」と、歌手活動をしたいことを告白した。

 日本ではなく、あえて中国での歌手活動にこだわる理由については「中国でだったら私が歌手活動をしてもイメージと合わないな、とかないじゃないですか。誰も私のことを知らないから」「日本のこのスタイルだと、私が歌っている歌を多分、誰も聞きたくないと思うんですよ。あまりにバラエティの“こんなヤツだよね”というイメージが固まり過ぎているから」と説明。

 いささか、ぶっ飛んだ夢のようにも思えるが、小島は真剣なようで「歌は言葉というか、歌詞が決まっているから、早くマスターしやすいんですよ。だからその発音を死ぬほどやれば、ネイティブと同じように歌える」「シンプルに歌さえうまければ中国でだったらチャンスがあるから‥‥歌のレッスンを始めようと思います!」とコメント。自分の中ではそれなりに勝算があると感じているようだ。

 この発言がネットニュースで取り上げられると、ネット上には「バラエティというか略奪愛のイメージしかないけどな」「イメージうんぬんの前にそもそも、歌うまくないだろ」「歌手を舐めるな」など、辛辣な意見が目立っている。

「昨年9月に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、中国語のレッスンを週1回受けていることを明かしています。小島によれば、元カレである人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏と交際する前から中国語を習っていたとのこと。しかし、気になるのが歌唱力でしょう。確かに歌手志望であったことは前々から公言していますが、歌唱力としては下手ではないものの、本人が言うバラエティのイメージうんぬんを差し引いて、まっさらな状態で判断しても歌手として成功するレベルとは思えません。

 14年に放送された情報番組『PON!』(日本テレビ系)で、いきものがかりの『ブルーバード』を生歌唱していますが、プレッシャーに負けてしまったのか、終始笑いながら歌い、まったく音程が取れず、放送事故のようになっていました。その生歌を聞いた番組MCのビビる大木は『CDデビューしたいの? これで? ウソだろ! ウソ言わないでよ』と困惑していました。それでも、小島は『レコード会社の方、これから頑張りますのでぜひ、オファーのほう、よろしくお願いします』と必死にPRしていましたが、これまで特に目立った歌手活動がない時点で察してしまいますが」(芸能ライター)

 ソロのアーティストはあきらめて、アイドルグループに入るぐらいのほうが現実的かもしれない?

(権田力也)

関連リンク

  • 1/16 10:15
  • アサジョ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます