坂本龍一 3月に音楽ライブ出演へ がん公表後の初ステージになる見込み

拡大画像を見る

 昨年1月に直腸がんを公表して療養中の音楽家・坂本龍一(69)が、3月に音楽ライブに出演予定であることが15日、分かった。3月22~26日に開催される「東北ユースオーケストラ演奏会2022」への出演を、同オーケストラの公式サイトで発表した。音楽監督を務めて、ピアノで書き下ろしの新曲「いま時間が傾いて」を初披露する予定。がん公表後、初ステージとなる見込みだが、同サイトによると坂本は現在も療養中のため、体調次第では出演を取りやめることもあるという。

 坂本は14年にも中咽頭がんで闘病。20年に再びがんが発覚して、21年1月に手術を受けた。がん公表後も治療を続けながら、可能な範囲で仕事を継続。音楽家・大沢伸一のソロプロジェクト「MONDO GROSSO」の新アルバム「BIG WORLD」(2月9日発売)にも、ピアノで参加している。

関連リンク

  • 1/15 21:24
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます