千鳥・大悟 岡村隆史のダウンに火「あんな大悟初めて見た」「審査員の悪口言うてたよ笑」

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・千鳥が15日、カンテレ(関西テレビ)で生放送された「おかべろ 2時間生放送SP」に出演。東京進出時の苦労を明かした。

 ノブは「二人が縮こまって、縮こまって」、大悟も「(そう)やし、ウケない、ウケない。それで4、5年は苦労しまして」と振り返った。大悟は「ウワ~ッ、って言っても、怖い人と思われちゃって。人(にん)が定着するまでもう全然ダメ。(僕らを)分かってもらうまで」と千鳥のキャラクターを理解してもらうまで、ロケにいっても、スタジオでも全くウケなかったことを明かした。

 大悟は「岡村さんのダウンを燃やしてしまって…」とMCのナインティナイン・岡村隆史の「まぁまぁええダウン」(岡村)をタバコの火をつけてジュッと焼いてしまったことを告白した。

 「THE MANZAIで今年優勝(するかも)、みたいな時に、優勝できなかった時。もうアカンわ…って思って、タバコ吸いながらボーーッっとなって、横にいる岡村さんのダウン、ずっと焼いてて」と“ダウン燃やした事件”を明かすと、岡村は優しく笑いながら「あんな大悟、初めて見た。大悟でも、こんな悔しい顔するんやー、って。ギャンブルじゃなくて、よ」と回顧。大悟は「でも(岡村さんは)全く怒らなかったんです」と苦笑した。

 岡村が「あんまり言うたらアカンけど、審査員の悪口言うてたよ」と笑うと、大悟は苦笑。ノブは「おい、誰やねん~」とはやしたて、スタジオは爆笑となった。

関連リンク

  • 1/15 15:51
  • デイリースポーツ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます